ブログの主は5月10日2時45分に膵臓癌により亡くなりました。

最後は穏やかな顔で旅立ち、家族にとっても急な闘病生活ではありましたが、
精一杯生ききったのではないかと思っています。
[PR]
# by loghouse96 | 2016-05-18 16:23
先日からの続きです。木曜日の予定だった内視鏡エコーによる検査と必要によって

内視鏡による組織の直接採取より、より治療に近い同じく内視鏡によって十二指腸まで

観察し、より細い内視鏡によって胆管などの通りを確認するんだって、

この種の内視鏡は経鼻ができないので当然口からになるようです。

口からの内視鏡は永くしていないので麻酔の上でやってもらえるよう

たのんでおります。もちろん組織を取ってくることも可能であり

これを18日 月曜日に予定しているわけです。

ある日の食事、こんなんです

a0189513_1082639.jpg




















これを食べろ食べろと言われて、やっと2・3割食べるわけですが、

最近は看護婦も無理して食べる必要はありません。食べれる範囲で食べて

ください。苦しくなっては元も子もないですからね、と涙が出そうな言葉を

言ってくれるんですが、その分当然ながら栄養剤の点滴が、あり結構長時間

点滴用タワーを押して歩いているわけでございます。

杖代わりと思えば腹も立ちませんので・・・・・
[PR]
# by loghouse96 | 2016-04-17 10:26 | 脱日常
やっと入院後の入院後の検査内容について説明ができそうです。

入院翌日には腹水を抜いて翌日、その腹水を精製・フィルタイングをして

自らの体に戻すのです。 と言うのも薬用アルブミン(たんぱく質)に軽いアレルギーが

現われて自分のアルブミンなら、そうしたリスクが少しでも減らせるようにとこの処置を

選んだのだそうです。

そのほか、利尿剤を点滴したり、お腹が張って食欲が無いのでほとんど食べられず

結果的に栄養剤を2〜3/本、抗生剤にいっっては4/本ほとんど点滴につながれっぱなし

のせいかつです

そのほかにも内視鏡検査や直接針を患部に刺し組織を取ってくる方法等いろいろアレルギー

を避けながら施していこうと思います。いずれも患者さんに説明をして同意を得た上で

やりますから、ご心配無く。と説明を受けております。
[PR]
# by loghouse96 | 2016-04-14 09:46 | 脱日常
O
[PR]
# by loghouse96 | 2016-04-14 08:42
前回どこまで話しましたっけ。そうか、診療内科を受診したところまではなしました。

心療内科では、半年以上痛みに苦しめられて来たので「うつ」になるはしかたない。

今の所、あなたは典型的なうつ症状ですよ。ということで次回の予約を入れ

帰ってきました
ところが1 週間も経った頃、まず膝より下に浮腫ができ、続いてお腹が異常に膨れ

内科を受診してみると「腹水」が溜まっているとのこと

これを頼りに、昨年7月のCTと、こんどのCTでは明らかな違いが有り、この差異が

すい臓部にあることを確認しました。

内科医からJA尾道総合病院の内科を受信したところ、即入院との診断

即日は困るので、1日だけ待ってもらい4/6から入院ということになりました。

そう言ったわけで4/5の通院が終わった後や、その夜までやり残した事や各連絡の

忙しかった事。

入院日から検査.検証,点滴等で多忙でした。


今日のところこの辺で・・・・・
[PR]
# by loghouse96 | 2016-04-11 18:15 | 脱日常