☆ ベジタリアン ☆

ずいぶんと冬らしくなってきました

畑の大根も白菜も 害虫と闘いながら大きくなってきました

しかし 気温が低くなってきたせいか ホウレンソウなどの冬の葉物野菜がなかなか大きくなりません

シュンギク 小松菜 レタスもなかなか大きくなりません

そんな中 ずいぶん以前に種まきをした小カブがようやくピンポン玉よりチョッと大きくなってきました

これを浅漬けにしたら美味しいんですよね

美味しいものはだれが食べてもおいしいらしく わが家の娘も大好きです

自分で畑から抜いて 土が付いたままで(最も自分では洗えないのですが)かじりついています

やむなくいったん取り上げてあらってやると もう自分のもの

このとおりかじりついています
a0189513_654870.jpg

a0189513_643174.jpg

初冬の一こまでした


本格的な冬を目前にして エネルギー問題から細野原発事故担当相が高速増殖炉「もんじゅ」を訪ねて

原発の是非が再燃しております  と言うのも資源の少ない日本では 高速増殖炉「もんじゅ」は使用する

以上のプルトニュウムを作ることができる「夢の原子炉」として核燃料サイクルの基幹として位置付けていた

 しかし1995年のもんじゅのナトリウム漏れ事故以来 既存の原発でプルトニウムとウランとを

混ぜて燃やす「プルサーマル」方式に切り替える予定だったが 新しい原発設置に難航し

かつ「もんじゅ」はトラブル続きで建設後20年を経て建築費も含めるとすでに1兆円をつぎ込んで

稼働したのは数カ月のみ 今後も正常に稼働する保証もないばかりか フクシマで脱原発を歩む

為に 夢の原子炉もただの金食い虫になり下がってきた このあたりで存続か 廃炉かを

政府のエネルギー・環境会議が来夏までに決めるが問題は山積している状況 今後どうするのだろう

いまの時点で私個人としての(無責任な)意見も決めかね 静観する構えです
[PR]
by loghouse96 | 2011-12-03 06:15 | 環境報告