☆ 森林組合 ☆

わが家の裏山には私の父が植えたスギやヒノキの林が有ります 植林後もう20年以上になり間伐

が必要な時期になっていたし 夜のイノシシの通り道になってたので そのヒノキ林の間伐を

森林組合にお願いすべく森林組合にいくらか出資し組合員になることにしました そうすると自分の

山を間伐するに当たっては国から補助金が支給されるので自己負担は限りなく少なくなります

そんな仕組みで間伐が済むと組合員の事はすっかり忘れていましたが 先日組合の40周年記念

とのことで記念行事機関誌と記念品が届きました

記念品は 尾道にも寄港していた北前舟始め帆船の帆に使われていた帆布を使ったトートバック

です 帆布は今は全国でも数か所でしか織られていないそうですが 尾道にもその工場があるそうです

そんな帆布のトートバックがこれです
a0189513_214919100.jpg


丈夫なので色々な物を運ぶのに使えそうです ちょうどA4のノートが入るので早速使わせてもらいます


ところで 以前持ち帰ったケヤキの板の使える部分を使って表札でも と書きましたが

製作途中の絵がこれです
a0189513_21523719.jpg


厚さ50mmほどの板に文字を書き 文字でない部分を掘り下げると 浮彫が出来ます

この作業の強い味方が電動彫刻刀です これはすぐれものですよ 歯を材料に押しつけ

ればインパクトが効いてカ・カ・カ!と掘り進みます 一度使ったら手で彫るなんて考えられません

もっともこの機械ははご近所さんから借りたものですが・・・

結構深掘りにし彫った部分に防腐ステインを塗り 文字の部分に着いたステインをサンド

ペーパーで削り落し 現れた木目に透明ラッカーを塗ればこうなります

a0189513_2215596.jpg


あえて角をスクエアにせず また側面も同様にワイルド感を残すと言うか 出した訳です

心配ご無用 ちゃんと木表を使っています 有る人に言わせると 表札はどんなに字が上手い人

でも自分で書いてはいけない 木でつくるときは必ず木表に名前を掘ること と聞いていましたので

そのルールは守っています 現在の丸太の表札掛けが腐らないうちに付けに行きますよ


話題は変わって USAはオバマ大統領が再選されましたネ 今回も福井県小浜市民は応援した

のでしょか?今回はこの件について全く報道は有りませんでした

取りとめのない話題で ナンノコッチャ 的心境です
[PR]
by loghouse96 | 2012-11-08 22:17 | 休日