人気ブログランキング |

☆ パワースポット ☆

 早いものでもう七草粥の日を迎えようとしております 良くしたもので年末からの疲れか

はたまた年末の寒さか 正月の忙しさか それともそれらの複合か

3日ぐらいからちょっと下痢気味 ちょっと吐き気が続いておりますが 今日あたりから

お腹の具合を気にする瞬間がだんだん減っております

もしかしたら 年末から近隣のパワースポットを訪れて お祈りをしているご利益で

軽くて住んでいるのかなぁと考えてみたりしております

見回してみると 車で20分程度の距離に強烈なパワースポットが存在しているのです


 まずは賀羅加波(からかわ)神社 三原市中野町です ここは延喜式にも載っている

古い神社で式内と表示してあります

a0189513_20343831.jpg


a0189513_20491092.jpg


以前茅の輪くぐり神事のあと偶然訪れたことがあり 今回も拝殿前の銀杏の御神木

があり また拝殿の両隣にケヤキとムクの御神木がいずれも大人数名でやっと囲める

ほどの巨体を見せておりました 神職のご内儀とお会いし御神木から収穫した銀杏に

「和」「寿」「幸」「平」「結」「愛」「輪」「絆」などの文字を朱で書いて 賽銭箱の上の

折敷(おしき=三方の筒型台脚がついていないもの)に入っており お気に入りの物を

お持ちくださいと勧められました その他にも御神木の銀杏を2~30個を袋に入れたもの

を頂戴しましたので ありがたく頂戴しその日のうちにいただきました


 続いて 木頃八幡宮 こちらは写真はないものの お参りのため参道の石段を上がり

切るとそこに宮司さんが参拝者一人ひとりに「明けまして・・・」とご挨拶をしておられました

ここの宮司さんはある機会で知り合いです その後境内をご案内頂きながらいろいろお話を

伺ってきました いろいろわたしが知らない我が家の昔話をご存知でした


 続いて尾道市栗原町の烏須井(うすい)八幡神社です お参りをすると 宮司さんが

ここでも参拝者にご挨拶をされておりました ここの宮司さんもよく存じており 先代の

宮司さんには父や祖父母の葬儀や式年祭で 母の葬儀や式年祭では今の宮司さんに

お世話になっているのです

a0189513_2124528.jpg


親しくご挨拶を交わし 境内の脇神様にもお参りをしたのち神社を後にしようとした時です

神社駐車場脇の住宅前に 先代のご住職が座っておられるのをお見かけし 自己紹介の後

「長くお会いしていなかったのですがお元気そうで何より」 などとご挨拶を申し上げました

これも神様のお導きなのでしょうか


そして今回最後の紹介は 三原市糸崎町の糸崎神社です 創建天平元年と表示され

1300年前からこの地に有り 神功皇后征韓の折 この井戸の水を献上したと 書いてあります

a0189513_211536.jpg


ここにもパワースポットにふさわしく 三原市の天然記念物に指定された樹齢500年超の

大楠が圧倒的な存在感で迫ってきます 本殿の左右にもケヤキかクスの大木が聳えており

歴史や伝統と共に 言い表せないパワーを感じさせられます

a0189513_21334248.jpg


(とは言っても 感じるのではなく圧倒的な大きさ 古さ 見事さなどから 神のパワーを

目で感じているに過ぎないのですが(汗)・・・)

a0189513_21351636.jpg


 ところで神社にはあまり門は無いのですが 糸崎神社には門があります 説明を見ると

明治にになって取り壊しになる三原城(当時小早川氏の後 浅野氏の居城となっていた)から

移築されたとのことです また見るべきは御調(みつぎ)の井という井戸があり前述のいわれ

があるのだそうです また御調郡の名前もここからと言われているようですよ

 不覚ですがいずれの神社もご祭神は誰だったのか見ておりません 八幡神社は通常

天照大神と応神天皇を祀ってあるはずなのですが 神社とだけあるのは誰なのでしょうか

確か賀羅加波神社のご祭神の一人は瀬織津姫(セオリツヒメ=大祓詩に登場する神であるが

なぜか古事記や日本書紀には登場しない神)であったように記憶しております

最近の神社は親切に参拝方法を詳しく書いてあることが多くなりました 通常2礼 2拍手 1礼

手水の使い方も まず左手 続いて右手を洗い さらに左手に受けた水を口に含み口をすすぎ

残った水で柄杓の柄に流して と親切に書いてあるのが多くなりました

もちろんこれらの流儀に則ってお賽銭を入れてお参りして来ました

しめ縄の内側は 俗世間とは隔離された清浄な空間で 神様の結界を表現しているので

そこに入ると何となく厳かな気持ちになり 大人の正月行事としては最適です

皆様もそうしたパワースポットに出かけてみてはいかがですか 特に費用は要りません

あっ! 気持ちだけのお賽銭は要りますけどね 
by loghouse96 | 2014-01-06 21:33 | 休日