☆ 映画の続き ☆

先日の文学談話会で刺激を受けた 新尾道三部作のうち「あした」に出てきた

連絡船の待合室が地元に寄贈され バスの待合室として現役復帰したのは

知ってたし 現地も何度か訪れたことはあるのですが 感慨をもって改めて

訪れてみました

a0189513_205255.jpg


っと そこには間違いなくあの建物があり バス停として停留所看板が立って

いるのですが なぜか「この場所には停車しません」の表示があり 下側に小さく

「バス停は20m西側」と書いてあります そうですこれはあくまで映画セットの

移築建物でバス停風ですけどバス停ではないのです

a0189513_2054295.jpg


内部はバス停というよりも 誰が見ても連絡船の待合室 連絡船航路の地図

連絡船乗り場案内立て看板 船の名前が記された掲示板

a0189513_2084337.jpg


a0189513_2085954.jpg


a0189513_2091953.jpg


などがあり 立派な船の待合室です

外に出てみると やはり船の待合してとして看板が残っています

a0189513_20103665.jpg


しかし残念なことに本来あるはずの連絡船発着場の名を書いた看板が紛失というか

経年劣化で落ちたのか外したのか ありません

本当なら最初の写真の 「のりば」と記された赤い標識の左側の屋根に掛かって

いるはずなのですが 金具だけが空しく残っています


そしてこの向島という島内には ここよりほかに数多くの撮影現場等 ロケ地が

あるのです

a0189513_2016485.jpg


機会があれば一度訪れてみてはいかがでしょうか じっくり映画を見た後のほうが

より感慨深いこと請け合いです

そしてここに出てくる「呼子丸」も最近まで近くに係留されていたんですが 寄る年波

には勝てず せんていが腐って浸水し沈没したんだそうですよ

修理か否か種々検討した結果 老朽化が著しく修理はあきらめ 解体されたそうです

残念 そちらはもう映画の中でしか見るしか方法はなさそうです
[PR]
by loghouse96 | 2015-03-08 19:51 | 脱日常