☆夏いろんな楽器の演奏会☆

夏・いろんな楽器の演奏会と銘打って この暑い中演奏会を企画しました

a0189513_21402225.jpg


開場は例によって尾道市内のあるコミュニティセンター ここは駐車場はたっぷり

あるし部屋は広いし 教壇があり ギターのように座って演奏する楽器にはうってつけ

です 音響設備もあるし・・・

a0189513_21424418.jpg


a0189513_2143745.jpg


最初は50のいすを並べ 開演前に急きょ10脚くらい増やして 大盛況に

応えました 奏者が多いとそれぞれが一人づつ呼んでもかなりな人数になります

なんせ奏者がこんなにいるんですから・・・

a0189513_21462319.jpg


 我々ギター4重奏は3曲だけですが 最後のみんなで歌いましょうの伴奏を

4人で受け持ちました

a0189513_21473793.jpg


ところが3曲の中の「みじかくも美しく燃え」の曲紹介をしているとき

ちょっとしたハプニングが起こりました

と言うのは この映画の内容を簡単に説明し 「2発の銃声が二人の旅の終わりを

告げます」と言ったところで 会場全体が何か重苦しい雰囲気に・・・

 その時読んだ台本がこちらです

2曲目はモーツァルト作曲の「みじかくも美しく燃え」を演奏しますが、この曲は全部で27曲作曲されたピアノ協奏曲の中の21番目の曲の第二楽章で 1967年のスウェーデン映画「みじかくも美しく燃え」の中で流れた美しいメロディーを、ギター4重奏に編曲したものです。    
この映画は1889年スウェーデンで実際に起こった事件を映画化したもので、物語はデンマークの森の中に一組の男女が・・・。男は伯爵の爵号を持つ貴族で軍人、女はサーカスのしがない綱渡り芸人です。 二人は愛し合い、その愛を貫くため、男は家族も名誉も捨てて、女は家出をして逃避行に出ます。しばらくは幸せな日々が続くのですが、愛し合ってはいてもいつかお金も尽き、食べるものもないみじめなピクニックに出かけていきます。そして二人が入っていった森の中から響く二発の銃声が旅の終りを告げます。よく晴れた秋の日の事でした。 この場面で流れるのがこの曲なのです。
余談ですがこの曲は映画の悲劇のヒロインの名前「エルビラ・マディガン」という曲名でも呼ばれています。そしてこの題名「みじかくも美しく燃え」は岩谷時子さんの手によるものです
日本でも上映されており、青春の1ページを思い出していただければ、私たちの演奏は大成功です。

それではお聞きください。


それはさておき 二胡 ギター ハーモニカ オカリナ 三弦 琴 尺八 等

いろいろ混ぜて2時間半 途中15分ほどのティータイムを設けましたが

長かったですね

そんなこんなの演奏会でした
[PR]
by loghouse96 | 2015-08-24 22:13 | 音楽活動