人気ブログランキング |

<   2011年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

今年も始まりました 「野菜教室」です

すでに紹介したとおり 我が家の畑で寒いうちに植えたホウレンソウや小松菜はトウが立ち始めました


しかし今年の野菜教室は珍しい野菜と 各班とも同じ野菜を作り班ごとに競うような作り方に挑戦するようです

今回は次週の植え付けのため 石灰を入れて牛フン堆肥 バーク堆肥のほか 鶏糞や油粕などをほどこし

最後によく耕して土に空気を含ませるため 耕耘機で肥料をよく土と混ぜます

一週間ほど置いて石灰で酸性が中和するのを待って次は植え付けです

晴れ予報ながら所により一時雨のなか 新一年生を迎えてグループ毎の班に分かれ テキストに従い

畝を立て 黒マルチシートを敷いて植え付け準備完了しました

次週はこの黒マルチシートに植え付け用の穴を開けて植え付ける予定です

次週が楽しみです
a0189513_21253514.jpg

a0189513_2126139.jpg

便利さを求めてあちこちに棚を作って使っています

しかし年月を経るうちにだんだんと物置状態になってしまうものです チョッと置いておくのが常態化し

それが風景になってしまうと 自分ではその乱雑さに気が付かなくなってしまうものですね

a0189513_523818.jpg


 そこで一念発起 棚を戸棚に改造しゴチャゴチャ感をすっきり感に変換することにしました

まず例によってラフスケッチに寸法を書き込み 簡単な設計図を起こします

設計図を基に必要な材料を割り出し 必要な板材や蝶番金具 それに磁気キャッチャなどを

買い求めます とは言っても棚板をそのまま利用するので 必要な板材は側板2枚と床板1枚それに

扉材くらいです

続いて設計図に沿って側板を切り出します 900mmの板で側板2枚を取ると 当然ですが

1枚当たり450mmがつかえます そこで上下の余分な部分に少々遊び心を持って装飾をくわえてみる

ことに・・・

切り出し 磨き 組み立て 塗装の工程を経て 取り付けまで完了したのがこれです
a0189513_533561.jpg

a0189513_5333839.jpg


これで棚の上がすっきりすることでしょう
by loghouse96 | 2011-04-23 05:38 | 木工教室
以前から頼まれていた食器棚でもないし もちろん水屋でもない 何と言ったらいいのでしょうか

しいて言えば「作業台付き物置棚」とでもいいましょうか こんな棚を作ってみました

以前にもどこかで書きましたが素人にはブナ材とかナラ材は手に入りません やむなくパイン(松)材で

ワイルドなウェスタン調で作ってみました

 流し台と同じ高さの作業台として また背中をくっつけるテーブルに同調する高さ 更に中に付ける

それぞれの棚の高さなどは 以前から計画していましたが中に入れるクラフトボックスやテーブルの幅等に

合わせて設計図をメモ書きし材料を購入

作業台の背板にはチョッと遊び心を取り入れてみました

そして設計図に合わせて切断 ビス穴を開けて組み立て 更には屋内専用塗料で塗装した結果 

こんなのが出来ました

a0189513_20584280.jpg

a0189513_2124038.jpg


どーですか チョッとワイルドでしょう 
by loghouse96 | 2011-04-19 21:04 | 木工教室
4月の第2日曜日から数日間 市内各地のサクラの名所が満開になりました

日曜日などは花見渋滞が起こるほどで千光寺山のふもとの駐車場に車を置いて 三丁目でバスがピストン

輸送をしたそうです

そんな中 有る人のご自宅にお邪魔してお花見が出来ることになりました

夕方6時半に集合し お弁当をつまみながらビール 日本酒 焼酎やブランディなど たくさんに用意して

いただいたので本当に浴びるほど飲んだ人もいたようです

サクラに手製のライトアップをして夜桜を楽しんだのです

a0189513_21154782.jpg


被災者の方には申し訳なかったのですが つかの間の至福の時でした
by loghouse96 | 2011-04-13 21:16
春の訪れが遅れている旨 前回投稿したとおりですが それでも確実にやってきました

花は忘れていませんよね

ってな訳で サクラの便りが届きました 大学のサクラも入学式に合わせて咲きました
a0189513_21353157.jpg

とは言ってもまだ3分から5分ってところかなぁ 


満開と思える木も有るかと思えば
a0189513_2136176.jpg

反対に向くとまだまだ2分から3分咲き
a0189513_21364447.jpg

この分だと久々の今日の雨で埃を洗い流し 潤いを増して 週末から来週初頭にお化粧直し後に

お花見のピークかな



そうそう ようやく再建に動き出そうとしていた矢先 昨晩未明 東北地方で本振後最大の余震が有りました

少し収束したのかなと勝手に思っていましたがまだまだ安心させてくれません

ガンバロウ日本!
by loghouse96 | 2011-04-08 21:39 | 環境報告
春が足踏みしています 確実に近づいていますがサクラの便りが遅れているようです

今日はエイプリルフールだと言うのにちっとも咲く様子がありません 1週間から10日くらい

遅れているように感じます

そんな中 以前紹介したトンネル栽培のホウレンソウや小松菜がそろそろ食べられるくらいに

成長しました


農業用ビニールを掛けたままだと収穫が難しいので思い切ってビニールを外しました
a0189513_08280.jpg

ところがどうでしょう 乳母日傘で育った野菜たちは朝の冷え込みに耐えられず小松菜などは

葉っぱが縮れてしまっています 寒さで葉っぱの先が凍みたようです

それでも成長の速度を遅くして食べごろが長く続けばそれはそれでありがたいことです

我が家だけでは食べきれないのでご近所さんにも食べてもらうことにします

我が家の野菜たちは完全無農薬の上 放射性物質など浴びていませんから・・・(笑えない・・・)




それにしても原子力保安院や東京電力の対応がどこか他人事のように聞こえてしまうのです

加えて東京電力の体質にも相変わらずの隠ぺい体質を感じますし 何より管理体制のズサンさを

感じるのは私だけでしょうか もっと放射能に対して真摯に真正面から取り組んで欲しいものです



3人の作業者の被爆経緯などは前日の計測結果のみで当日の観測データを示さず 作業にあたらせて

結果として被爆したとか その後の作業においても被爆線量計が不足したので代表だけに持たせて

一般の作業員には持たせていなかったとか・・・

なんでも地震から数日後 アメリカから原子炉事故対応協力の申し入れがあったにもかかわらず

廃炉を前提にした対応策で有ったため断ってしまっていたとか・・・ 

これは東電だけでなく保安院初や政府になんだか希望的な観測ばかりで最悪のシナリオが描けて

いなかったのだと思われれなりません 

その結果が今回の原発事故に対する重大さレベルの日本と世界の違いだと思うのです


福島県では原発建設に協力した結果 事故で住居を追い出され あげく丹精込めた野菜に放射性物質が

付着しているから出荷停止や摂取制限では まさに泣きっ面にハチ状態で気の毒でなりません

ボランティアで現地に入ることは出来ないので 心ばかりの義援金でその気持ちを届けたいと思います