人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

毎年恒例の「福祉まつり」がありました 福祉まつりですから 各種福祉に関する団体や 作業所等の

展示即売や古着等のガレージセール等があるのですが 我々も便乗して野菜教室は実習農場で

収穫した野菜をメインに 園芸教室は自ら育てた鉢植えや苗それに一部花屋さんから仕入れた

鉢植えや球根などを買ってもらいました

野菜は市価より相当安く販売し かつ新鮮ですから 準備した約9割が午前の内になくなってしまうほどの

盛況です
a0189513_425232.jpg

野菜教室のお店です 足元や後ろににかなりの量が準備されています

負けず劣らず園芸教室も毎年良い花を売っているのでそれを知っているお客様が開店前から

「これ予約してください」などとこちらも盛況です 約束の葉牡丹も このとおり出品してもちろん

完売です

a0189513_4392137.jpg

内輪の話をすれば 人件費がかからないある意味ボランティアの店ですから いずれも赤字は出ません

野菜教室はこの収益が今後の苗台や肥料代等になります 一方の園芸教室は屋外活動時の弁当や

懇親会費の補助に使っています

そんなこんなで 大忙しの週末でしたが 当日は近所の神社でお神輿がでるお祭りが 更に神社の

隣の小学校ではガレージセールがあったとか  一応来客を心配したのも杞憂で相乗効果でしょうか

それともこの人達のおかげかも知れませんが文字どうり大盛況でした
a0189513_4385141.jpg


準備をした日は雨ふりでしたが 当日は秋晴れでお天気もプラスに作用したようです

私までは聞こえてきませんが駐車場がどこも満車でこちらも大変だったのでは・・・と思います


っと 今回はせっかくのお祭りの報告ですから 時事評論は止めておきましょう
by loghouse96 | 2011-10-23 04:48
すでに何度か紹介した葉牡丹は 毎日のこの天気で毎日水やりが必要です

小さなポットで 大きく育ったので仕方ないことですが 一日でも水を切らすと夕方にはしんなりして

しまいます

もうすでにポットの底からは根が覗いていて早く植えかえてほしいと訴えていますが 福祉まつりに出展

予定であり また年末の門松作りに使用する予定のため どうしてもポットのまま保管する必要があり

ます 相変わらずチョウチョの産卵場所に指定されていて毎日ひらひら飛んできます

1週間から10日おきにアオムシ対策の刹虫剤を散布するのですが ときどき中心付近を食害された

ものが目につきます 良く見るとアオムシ君が見つかるので「テデトール」をほどこしています

その他 このところ直径1cmくらいの小さなカタツムリを良く目にしていましたが これもキャベツ系植物の

大敵です 葉の裏からむしゃむしゃやっているようで 青虫は中心部の柔らかい場所から カタツムリは

株の外側から穴をあけています カタツムリには油断していたので結構あちこちに食害跡があります

このところ成長は止めているかの如く殆ど大きくはなりませんが 朝夕の気温が下がってきたため

白の葉牡丹がそれまでのみどり一色から 中心部が白く変色してきました
a0189513_5444477.jpg


昼と夜の気温の差が大きくなると紅・白共に発色すると何かで読んだことがありますがその通りです

赤は以前から全体がエンジ色になっていましたが白はここにきて中心部が白くなってきました

こんなところにも季節を感じることが出来るのですね

毎日の水遣りの時に 愛犬もバッタなどを追いかけて鉢の間を通り抜け ポットをひっくり返し手間を

かけますが今は落ち着いているようです
a0189513_5482190.jpg


私だけでなく家族も手をかけてくれていますが 今週の福祉まつりに半分くらいは出展しようと思って

いますから 少しは楽になるかなぁ 

なにはともあれ動物もそうですが植物も世話は大変です

それにしても雨が少ないですね 行事の時は別にしてひと雨欲しいところです



話題はコロッと変わりますが 小さい子供さんに肺炎が流行っているらしいですね マイコプラズマ

が引き起こす・・・・・ 肺炎ですから咳による飛沫感染が主な感染ルートなのでしょうが やはり集団

による地域感染が多いようです 園児や生徒のいる家庭では心配ですね 気をつけましょう
by loghouse96 | 2011-10-12 06:08
ここは尾道市  でも海から離れた山の中で生活の足としての車は欠かせません

最近は生活の足としてだけでなく 農業のアシストや田舎で暮らすが故の剪定木くずや 薪その他の原木

の運搬手段として軽トラックを入手して便利に使用しておりますが 軽トラはやはり荷物を運ぶように

作られた車両であり 家族二人は乗れるのですが 人を運ぶための車ではないことを実感します

まして高速道路や長距離(と言うほど遠出はしておりませんが・・・)運転 それに3人以上で載るには

やはり人を運ぶ車が必要です そこで以前から載っていた車も今まで通り所有し必要に応じて

使用してきました 2台になってからも2年に一回の車検のほか5,000Km走行毎のエンジンオイル交換

や不調箇所があるとその都度点検修理を実施し12年半を経過しました
a0189513_1149181.jpg

a0189513_1148134.jpg

外観だってこのとおり 特に不満も無く来年2月の車検も受けて乗り続けるつもりでいました

と言うのは ここにきてついに大きなトラブルが発生したのです

オイル交換のためディーラーへ持ち込んでリフトアップした時 フロントアクスル・ブーツが完全に破れて

軸受の ベアリング付近がむき出しになる可能性が・・・ 放置するとベアリングからゴーゴーと音が出る

ようになるとか 今でも窓を開けて走行中の音を聞くとチャラチャラと音が出ている(この音はブレーキ

パッドがすり減って薄いカバーがディスクに当たっている音かもしれません)が・・・

直すと4~50,000円くらいかかるとのこと

さてどうしよう これは世に言う「大きな修理が必要な時は換え時 修理をしてしまうと逸機」なのかなぁ 

と 今までカーナビが故障した時も直すと80,000円くらいのほか着脱料と聞き 直さず壊れたカーナビを

取り外して 外付けのカーナビを付けていたのですがついに買い替え時期に来たのかなぁ と


ともあれ 今まで12年半で10万4千キロ 全く故障せず良く走ってくれました

ディーラーさんからそろそろ換えませんか と誘われて時も「あまりに良い車を作るから乗り換えられない」

と半分本気 半分冗談で言っていたことです

初代のセフィーロを9年間 今の3代目セフィーロを12年半とNISSAN車を乗り継いできましたが

そろそろディーラー回りが始まりそうです
by loghouse96 | 2011-10-09 12:11 | 環境報告
先月台風2つが上陸しました そうです 台風12号と 15号です 幸い付近には何にも被害はありません

どころか その後の気象の変化をもたらし 朝晩は寒く感じるようになってきました

こうして季節が進んでくると 秋の草花が咲きそろうのですが

この香りが漂ってくると「あぁ もうこの季節になったんだなあ」と感じる香りがあります

そうです 金木犀です その中で この木は特別で息子夫婦の記念樹です 何年か前 記念樹として植えて

おきたいので何か選んで とリクエストしておいたところ 金木犀 との返事があり 植えておいたものです

年々大きく育って 毎年この季節になると良い香りを振りまいています

同じころ植えた萩も香りこそ無いものの 秋の風情を漂わせています 花が終わったら萩も金木犀も

枝の中に風が通るように 剪定をしておこうと思っています
a0189513_682626.jpg


つい先日までの暑さはどこへ行ったのやら 曇りの日は日中でも肌寒く感じる10月のある日です



それはさておき 小沢センセーが何やら口を開いた様子 なんだか司法の判断が推測に基づくもので

びっくりしたんだそうです それに最も国民の財産や生命・人権を守らなければならない機関である

裁判所が推測で事を判断することが心配だ との発言ですが 政治家は国民の生命・財産人権を

ないがしろにして良いの?と言いたい


それから 脱原発が大きな焦点のなか北海道で風車が燃えていましたね 高すぎて消防の放水も

届かなかったとか、ここでもこの高さは「想定外」なのでしょうかね なんでも起こって見なければ分らない

けどこうあれもこれも想定外ではいったいこの国のリスクマネージメントは真面目にやっているのか

疑いたくなりますね もっとも火事のほうは見守っている内に鎮火したそうですが・・・

朝晩の気温の変化でお風邪など召しませんように・・・
by loghouse96 | 2011-10-03 06:37 | 環境報告