人気ブログランキング |

<   2013年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ゴールデンウィーク中休み? ん、中休み? 変な言い方ですけど今年はカレンダーの都合で

ゴールデンウィークが前半と後半に分かれてしまいました その真ん中はウィークデーとなって

休日ではないわけです 一部振替休日などで前半と後半を繋げている企業もあるようですが・・・

くどい説明はさておき そのゴールデンウィークの後半は孫たちが来る予定になっておりますので

その中休みにGWを楽しもうと 先月末に開通したばかりの尾道-松江道を走ってみました

とはいうものの尾道からは尾道インターから少しだけ山陽自動車道を走り 世羅インターまで

は開通しているものの そこから三次までは未だ建設中で未開通なのです 従って今日は三次まで

は一般道を走りました しかしそのことが効を奏して 今各地で見ごろの見事な芝桜を見ることが

出来たのです
a0189513_21143136.jpg

a0189513_21144846.jpg


折しも田んぼは田植え準備の真っ最中で田んぼには水が張られており 水に写った芝桜も 見事です

こんな景色を楽しみながら 国道184号を三次に向かってひた走ります

先月開通した尾道松江道の三次での出入り口は中国縦貫道の三次インターチェンジだと思い込んで

いたのですがさに非ず 三次東インターでした 国道184号線庄原分れを右折し三次東インターを

目指します なんとか尾道松江道を入って一路高野インターを目指します

今回の目的地は無料高速道路を走ることではなく 高野インターを出てすぐの「道の駅 たかの」に行って

見ることです しかし先月末に開通したばかりなので カーナビの地図は現在位置が示されているばかり

自車の他は何もない道路さえない場所を走り 高野インターを降りるとすぐに見えてきます

a0189513_2221649.jpg


私達が付いたときはまだ駐車場にも余裕があり 誘導を受けてすぐに停めることが出来ましたが

30分ほどの買い物を済ませて駐車場を見ると もう順番待ちで入口でUターンしている車も有ります

これが連休の中休み(週日)なのですよ 5月3日からの4連休はどうなるのでしょう と意味のない

心配をしてみることです 

a0189513_225382.jpg

そんなこんなで売店内のファーストフード店はこちらも順番待ちで しかもうどん程度しかないとの事

これでは待ってまで食べる価値が有るのかどうか  そこで売店で売っている「おこわ」と「唐揚げ」

などを三つしかないテーブルの一つを上手く占領し 昼食としました

食後 木工製品も参考にしながらじっくりと店内を見て回り 隣接しているTVで紹介していた雪室に

a0189513_2228981.jpg


も入ることが出来ました 入ればそこは0度の世界 早々に退散したのは言うまでも有りません

a0189513_22292384.jpg


こうして連休の中休みを広島県と島根県の県境を訪ね その一日を終えたのです
by loghouse96 | 2013-04-30 22:32 | 休日
大型連休ですね 今年は前半と後半に分かれて前半が3日 後半が4日となりますが いずれも天気は

概ねいいようですネ 今日も晴れの夜明け故に放射冷却で冷え込んだ冷気を吹き払うかのような暖かな

日差しが降り注いでおります おまけに風もなく大型連休日和になりそうな予感です

我が家の庭もモッコウバラが数輪ですが咲き始めました
a0189513_6282347.jpg


モッコウバラは黄色の花ですが「黄色ならまかせて!」とばかりにヤマブキも開き始めました
a0189513_6294432.jpg


こうして早春はいつの間にか春本番から晩春に そして初夏に変わっていくのでしょうね

この休日を満喫するかのように 以前所属していたギターマンドリンクラブから客員指揮の

依頼が舞い込んできております 転勤でその地を離れて久しいのですが なんでも元々

小編成のうえギター担当が3人のところ 常任指揮者がギター担当であるが故にギター2本では

足りない 特に今回の曲は本当ならギターが4本欲しい編曲になっている とのことで私に白羽の

矢が放たれました 事情が分かるだけに断るわけにもいかず 早々にスコアを送ってもらって受ける

ことになったのです こんな事情ですから 本来の楽団員や聴衆に人気が有りと言う本来の意味の

客員指揮者ではありません もっとも創立30年になるこの団体の もう20年ほども前に指揮をした

ことがあるのが今回のいきさつです

今まで3度ほど練習に行きました なかなか私の感性と 今まで練習してきた常任指揮者の感性の

違いでなかなか難しいものです
a0189513_7311119.jpg


速さだけあるいは強弱の指示だけなら簡単ですが 今度の曲は速さの変化だけでなくフェルマータ

が多く アッチェランド(だんだん速く) アッチェランドモルト(急激に速く) リタルダンド(だんだん遅く)

更にはアラルガンド(だんだん遅くそしてだんだん強く)まであるのです だんだんゆっくりして

ある程度伸ばし 一旦音を切って次の速さと強さと音のタイミングを事前に支持する難しさ それに

ちょっと指揮者の意図と違う表現になった場合 それを治そうとするあまりそちらに気を取られて楽譜を

見失って フェルマータを伸ばさなかったり rit をかけるところをかけなかったりと 散々です

それでも何度か練習するうちにだんだん様になってくるのです そうするとさらに新しい課題が見つかっ

たり今まで出来ていたヶ所がドタバタしてきたり なかなか完璧とは行きません 
a0189513_7433159.jpg


何はともあれ5月12日の本番まであと僅かです できることを全てやって天命を待つことにしましょう
by loghouse96 | 2013-04-28 09:07 | 音楽活動
暖かくなったと思ったら 週末にはまた寒くなるそうですね 慌てて夏野菜を植えなくてよかった!

まぁそれでも週明けには植えないとね! 畑の準備だけはしています  トマト予定地は元肥を

少なめにナス予定地は肥料たっぷりピーマン予定地は普通にと若干調整をしながら耕しました

来週暖かくなったら植えます 播きます

とそんな予定を先延ばしにして 4月14日「サロンコンサート」を実施しました

a0189513_137258.jpg


尾道市立中央図書館の西隣「ギャラリー&カフェ プチ・ポワン」と言う喫茶店でのミニコンサート

です

a0189513_1311851.jpg


a0189513_13104841.jpg


聴衆も20名そこそこの小さな喫茶店のため やむなく時間以外の入店はお断りした次第です

ギター2名とハーモニカだけのトリオですが ギターとハーモニカの2重奏 ギター2本とハー

モニカの3重奏やギター2本のデュオ で約1時間半ほどのミニコンサートです

a0189513_13144991.jpg


ポットに入れたコーヒーをあらかじめテーブルに置いて自由に飲んで戴きながらのミニ

コンサートなので聴衆は皆さんメンバーのうちだれかの知り合いです 小さな会場のため

案内を制限したらこうなってしまいました しかし聴衆があまりに近いと言うのも緊張する

ものですね もちろんノーマイクですが絃を擦るキュっという音まで全て聞こえるし 

それこそ息遣いまで聞こえるはずです もっとも通常の演奏と違って 思い切りpp

(ピアニッシモ)を出すこともできました それでも十分に聞こえたはずです

ギターオリジナル セミクラシックの編曲もの ポップスと言うのか歌謡曲と言えば良いのか

みなさんに歌って戴ける曲も準備しました アンコールも「与作」と時節柄と言うか少しだけ

時期が外れた「早春賦」でした

とまぁこんな調子で今年度は始まりました


それはともかく かの国は初めから分かっていた事ですが 万一のためにパック3も用意しました

が話し合いを求めているようですね それにしても高飛車な態度に 半島の南の国も呆れるより

「この期に及んで何をバカな!」と憤慨しきりとか・・・

本当に新型の大型ICBMは飛べるのでしょうか  懐疑的な見方も有るようですよ
by loghouse96 | 2013-04-19 13:37 | 音楽活動
ここ数日寒いですね 朝などは車の窓が凍っています やっと芽を吹いたジャガイモの遅霜

被害が心配です それに特に午後から風が強いので 家の周りは掃いても掃いても散り残った

葉っぱや杉の実が飛んできて大変です とは言っても私自身は滅多に掃かないんですけどね

樋などは杉の実で詰まってしまいます

今度雨が降った時は樋を見回る必要がありそうです

こうした気温の乱高下のおかげで以前紹介したビニールフィルムを張ったトンネル栽培は

気温が上がるにつれてビニールフィルムを外し 数日後にベタ掛けしていた寒冷紗も外して

楽に収穫できるようにしたおかげで この寒さをチョッと心配したのですが大丈夫でした

そして小松菜やホウレン草はもう食卓にミドリを添えていますしご近所にもおすそ分けを

しております

a0189513_524359.jpg


ダイコンはまだ食べられませんが込み合ったヵ所を間引いて 立派に育っている葉っぱを

食することも出来そうです わが家の野菜は基本的に無農薬なのでこうした葉菜類も安心

して食べられます おっとダイコンは葉菜ではなく根菜でしたね でも葉っぱも美味しいんですよ

茹でて細かく切ってフライパンで炒めて塩で味付けし 白ゴマやチリメンをまぶしふりかけ状に

してアツアツご飯にかけて食べる 食が進みます

そして数センチの大きさで冬を越したサヤエンドウもこのとおりあっという間に大きくなりそうすぐ

花を咲かせそうです

a0189513_5253268.jpg


これはスナップエンドウだと思うのですが 今年はこれよりほか知人から種を戴いた

ツタンカーメンと言うエンドウを植えています 例のツタンカーメン王の墓で見つかった種を

増やしたものだそうです なんでも青々としたツルにエンジ色のサヤに緑色の豆 豆だけ

見るとまるでグリーンピースですが 豆ピースご飯にする焚いた直後は普通の豆ご飯

翌日には赤飯色に変わるのだそうです また花の色についても知らないことだらけです

今後のレポート課題としておきます


 おっと <ドスン グラグラ グラグラ ギシギシ> このレポートを書いていると結構強い

揺れが有りました すぐにテレビを付けてみるとスグに地震速報をしておりました

なんでも淡路島で震度6弱との事です このあたりは広島県東部ですから震度3だった

のでしょうか 阪神淡路大震災のようなことにはならない事を願うばかりですが

あの時は福岡市に住んでいたので先ほどの揺れと比べることは出来ません

今のところTVは被害状況は伝えていません なんだか発生時間まで似通っています

大事にならないことを願っています
週末は2日とも雨降りでしたね 土曜日のほうが雨量が多かったように感じますが 皆様の所では

いかがでしたでしょうか こちら晴耕雨読という訳ではないのですが 土曜日はココロにビタミン剤を

注入して来ました というのは以前新聞に乗っていた「ウィーンオルフェウス室内合奏団 日本公演」

を聞くことができました 往復はがきで応募すると 当選しましたと5組10名の招待枠にはいった

a0189513_2150538.jpg


のです 全席指定で招待者は後ろの方の席でしたが ノーマイクでも十分な音量でした

オーケストラでなく室内楽なので演奏者の人数も 音量も控えめですし 指揮者も指揮台を使わず

演奏者と同じ高さで棒を振っています

a0189513_21504065.jpg


最初の曲は W・A=モーツァルトのアイネ クライネ ナハトムジーク (K525)全曲です

最初の音(ト長調の曲で和音はG)が響くと背筋がゾクゾクとする感覚 わかるでしょうか

第一楽章 アレグロ 第二楽章 ロマンス(アンダンテ) 第3楽章 メヌエット(アレグレット)

第四楽章 ロンド(アレグロ) で始まり バイオリンソリスト マリオ・ホッセンを加えて 

パガニーニのラ・カンパネラ 更にはテノール歌手 ブルガリア出身のボイコ・ツヴェターノフ が入って

プッチーニの歌劇「トゥーランドット」より「誰も寝てはならぬ」 そしてサラサーテの「ツィゴナー

ワイゼン」で第一部 全てよく知っている有名な曲で 知っているだけにより深く聞くことができたと

感じます 休憩を挟んだ第2部はクライスラーやシュトラウスⅡ ヴェルディらの小品を7曲も

こちらは知らない曲も含まれていましたが いずれもいい演奏でした

a0189513_21512756.jpg
  

アンコールも バイオリンソリスト用 テノール用と2曲ありましたがテノールは「オーソレミオ」

でした おそらく8~900人は入った会場ですがノーマイクですよ

時々こうしてクラシックを聞く機会があるのですがいいもんです 心が安らぎます

LES ORPHEISTIS(オルフェウス)は良い音を出しています 感激しました

行きも雨 帰りも雨でしたがいい休日になりました しかも招待で聞かせてもらえるなんて!


と言ったことでせっかくのビタミンなので無粋な時事はお休みです って言うかなんだかんだと

理由をつけて避けているような気も・・・
by loghouse96 | 2013-04-08 22:17 | 休日
足踏みしていた桜も 一気に満開になり皮肉なことに週末の爆弾低気圧を待つのみになっております

そこで尾道の桜の名所「千光寺山」へ出かけてみました せっかくなので娘(?)を連れて散策です

まず最初に千光寺山の麓にある 地元ではある建築家か設計士さんかなんだかそういった方々が

買い取って文化遺産として残そうと修復を続けている「ガウディハウス」 なんでも複雑に入り組んだ

軒や屋根がガウディ建築を彷彿とさせるところから名付けられたようです

a0189513_845833.jpg

この建物を横目に見ながらひたすら急坂を登っていき 千光寺山山頂近くに出ます

そこの桜並木の下は 場所取りのブルーシートとその間で弁当を広げたグループでイッパイで

持参した弁当を食べる場所がないほどです 陽気のせいで日陰が良いし・・・
a0189513_8521544.jpg


それでもなんとか場所を見つけ満開の桜を愛でながら弁当を広げ「花より団子」

タイムをしばし・・・

a0189513_8543174.jpg

食べ終わり荷物も軽くなったところで もう少し桜の下を歩き 帰りは久々にロープウェイで

下山することに 娘は無料で載せてはくれるのですが ゲージに入ってもらうのが必須とか

ゲージも貸出用があるのでそれに入れてください と 従ってこんな格好に・・・
a0189513_1094465.jpg

a0189513_9404440.jpg


山頂駅は来たゴンドラにすぐ乗れる状態だったのですが 山麓駅はすごい行列ができて

係員が列を崩さないでくださ~い 車が来ま~す列からはみ出さないでくださ~い と

汗をかいておりました

ここで人ごみを離れて隠れ名所を訪ねて見ることに・・・尾道を舞台にした大林監督の映画や

やはり尾道が舞台の連ドラ「テッパン」のヒロインあかりちゃんが学校帰りによく寄っていた

お寺の石段 実はこの場所は「御袖天満宮」と言う神社の石段なのです
a0189513_9455540.jpg


そしてこのアングルもよく登場しております 映画「ふたり」だっと思いますがヒーローと

ヒロインが抱き合って石段を転げ落ち 心と体がそれぞれに入れ替わり また 元に戻った

超常現象の石段なのです

a0189513_9495774.jpg

隣接する大山寺(タイサンジ)の山門での一枚です 何とも綺麗な絵になる場所ではありませんか

a0189513_10152116.jpg

この山門を抜け福善寺の墓所をとなりに見ながらレンガ坂を下ると 西國寺の参道に出ます

ここも桜を撮ろうとマニアが三脚を構えて待っています こんなアングルで

a0189513_9541783.jpg


しばし名画のような景色を堪能し古刹を後にしましたが 止めた車からは随分離れてしまいました

歩くと30分以上 おそらく1時間程かかるのでは? で 苦肉の策 バスに載せてもらうことにして

バス停で待つことしばし ほどなくやって来た乗合バスに娘を抱き上げて乗車し 尾道駅まで

5分ほど 娘も状況を察したのかウンともスンとも言わず膝の上で大人しくしておりました

そんなこんなで今回は盛りだくさんの探索でした ので時事に関する寸評はお休みです


そしてアップ当日は朝から降り始めた雨で雨読の一日になる予定ですが 天気予報で盛んに

言っていた強い風は今のところ吹いていません もっともこれから低気圧が塊になって近づいて

来るのでこれからでしょうね 荒れるのは
by loghouse96 | 2013-04-06 10:22 | 環境報告