人気ブログランキング |

<   2013年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先に紹介した私としては新種ですが 実は3000年も前の王墓の副葬品の中から見つかったと言う

豆 その名もツタンカーメンを紹介しましたが いよいよ食するための収穫期を迎えました

ただし種を取るための収穫はもう少し先になりそうです

黒紫色の鞘を収穫し 鞘から外すと普通のグリーンピースと変わらない緑色の豆です

これがツタンカーメン

a0189513_5571521.jpg


そしてこれが通常のグリーンピース

a0189513_624291.jpg


見た目はほとんど と言うか全く区別がつきません よ~く見ると豆のヘソと言うか鞘へくっついて

いる部分の色がちょっとだけ違うかな 早速夕方ツタンカーメンのグリーンピースご飯を炊いてみます

炊き上がりは全く変わりません 聞いた話によるとひと晩置くと赤飯のような色になるのだとか


春から初夏に季節は移って 畑の作物もだんだんと変わっていきますが ツタンカーメンは種取りの

ためもう少しのあいだ畑を貸してあげましょう しかし通常のグリーンピースやスナップエンドウ

絹さやエンドウもそろそろ終わりです  それもそのはずもう幾日かで6月ですから・・・

6月といえば庭のジューンベリーも色付いています 今年は鳥が少ないのか昨年はちょっとよそ見を

した隙にあっ!というまに食されましたが 今年はしっかり残っています 一つ二つをつまんで口に

入れてみると酸っぱさはほとんど感じないベリー類の中でも甘いベリーです さくらんぼのように中に

種があるかと思いきや 小さな種が多数あるのですが口ざわりは良くそのまま食べてしまいました

a0189513_6161028.jpg


ジャムにするほどはありません かと言って野鳥の食卓に乗せるだけも芸がない もしもいつまでも

残してくれるなら しばらくの間観賞用に そして時々口に入れてみましょう

a0189513_6181916.jpg


やはり黒く熟れたほうが甘さは強いですね 野鳥に見つからなければしばらく楽しませてくれそうです
毎日暑い日が続いております 如何お過ごしですか 今年はどうしたことか 雨が極端に少なく

農作物に水遣りが必要です 昨日もじゃがいもがところどころ倒れており あれ?油断していたら

何か動物が入って掘ったかな? と思い根元を見ると な・な・なんと 水不足で茎が倒れたものと

思われます 土寄せはしてあるのですが根元がフニャリと倒れております

じゃがいもが水不足なんて あまり聞かないですね 早速水をやりましたが葉っぱが濡れる程度では

全然足りないでしょう 今年は収穫は期待できないですかね

 ところで「ビフォー・アフター」ですが何を想像しますか? 定番の古民家増改築? 整形手術?

はたまた補正下着? それとも化粧品? 残念ですがいずれもBu・Buu-です

正解は これ  ビフォー
a0189513_19173955.jpg


アフター
a0189513_19183384.jpg


レッドロビンも油断してたら 赤い若葉がいつの間にか緑になってしまいました

ビフォー
a0189513_192737.jpg


アフター
a0189513_19352112.jpg


と こんな感じでなんとなくさっぱりしました

さっぱりついでに剪定ゴミは即座に焼却です 本当はご迷惑なんでしょうが 村中を燻製にしかね

ない勢いです

a0189513_19553294.jpg


なんてったってこのあたりは 我が家から200mのところでこんな収穫があった そんな場所です

そうです 夜な夜な近所を徘徊し食料を求めていたあいつが日常に農作物を求めて出てくる

そんな田舎なのです 彼らに比べたら煙なんて文字通り屁みたいなものなのです

a0189513_20402135.jpg



 話題は戻って ところでこの木はベニカナメモチなのですが 花をご存知でしょうか 生垣の場合

伸びすぎないように次々剪定をするので花が咲く機会が少ないのでしょうか 

あまり見たことはありません ところが今年は剪定が遅れたためかひと枝だけ花が咲いていました

紹介します これです

a0189513_19421042.jpg


なんとまあ控えめな可憐な花ですね 少しはお口直しと言うか お目直しになったでしょうか

PC見ながら食事の人はいないでしょうが タブレットの場合可能性はありますね

そんな方にはごめんなさい 何せ田舎者ですから・・・(苦笑)
by loghouse96 | 2013-05-25 20:50
とある5月のよく晴れた朝のこと 気持ちが良いのでドアを全部開放し 遅い朝食をテラスでとっていた

ときのことです チー ジクジクジクジクジク   チー・チー ジクジクジクジク  とかなり大きな

話し声でお客様が入ってきました

チー ジクジクジク (今年のマイホームは何処にする?)  

チー ジクジクジク (この家なんかどうかなぁと思うけど)

チー チー ジクジク (私気に入っちゃった)

チー ジクジク (でもいつでも出入り自由って訳にはいかないぞ)

チー ジクジクジク (しばらく居ようかな)


っと言う会話があったかどうか 昨年に続いて燕さんがマイホーム建築の現地見学会にやって来ました

a0189513_533125.jpg


しばらく天井付近を飛び回ったあと 換気扇に捕まって一休み さらに飛び回っています

こんな場所に巣をかけてもらっては大変としばらく追い回してみましたが 一向に退散する様子が

ありません そのあいだ中 どこかのおばさんみたいに チージクジクジク  ジクジクジクジク

チー ジクジクジク チーチー ジクジクジク とやっています

a0189513_5384258.jpg


娘は元から追い回すのを諦めてのんびり・・・

a0189513_5413028.jpg


仕方なくしばらく放置すると 知らない間に静かになっています 見ると 健気にお土産を置いて

帰って行きました 白黒のまだら模様のお土産です 

雑巾を濡らしてしばらく床をゴシゴシと 置き土産を掃除したことでした
by loghouse96 | 2013-05-23 05:47 | 環境報告
朝夕は過ごしやすい気温ですが 昼間はまるで初夏ですね 昨日などは27度だったとか

まだ梅雨前なのに 今年の3月は記録的な暖かさ 4月は逆に気温が低く 5月はまた高い

やっぱり異常気象ですかね

ところで以前こんな野菜を紹介しました カリフラワーなんですがなんといっても形が面白い

一体渦が何個あるのでしょうか 全体が一つの渦を作っていますが よく見ると一つ一つが

小さい渦を作っています さらに同じように小さな小さな渦で小さな渦を作っています

まさに自然の造形美ですね

a0189513_5295289.jpg


「天山2号」と言うカリフラワーです

そして今回はこれです

a0189513_5511549.jpg


ご存知の方も多いと思います 「ツタンカーメン」と言うグリーンピースです なんでも

ツタンカーメン王のピラミッドの副葬品の中から見つかった種を栽培したもので

(あ!いやツタンカーメンのお墓はピラミッドではありません どこにあったのかは知りません

が、とにかく墳墓の副葬品の中から見つかったようです)

 鞘は写真のように黒紫色をしています 3000年も前の時代の豆が現在に蘇るなんて

まるでジュラシックパークの植物版ですよね 収穫はもう少し先になりますが 豆自体は

グリーンピースで 豆ごはんにすると炊いた直後は普通の豆ご飯 時間が経つと

赤飯のように赤くなると聞いています 収穫が楽しみです

a0189513_661198.jpg


豆ごはんを炊いたら紹介します また種が取れたらお分けできるのではないかとも

思っています 種が普通のグリンピースと交配しないように考えたわけではないのですが

たまたま他の種類とは数100メートル離して植えていますが 他の人の報告によると

あちこちに緑色の鞘や緑と紫が斑状に混じった鞘があり たぶん他のグリーンピースと交配

したためにこうなったのではないかと書かれていました 今のところ私の畑では黒紫一色です

興味のある方 何らかのアクセスを試みてください
直前の話題に続いて 今回も音楽の話題です

5月中旬 と有る団体の年度総会が開催されました 総会に続いて懇親会が予定されその余興に

我々カルテットが呼ばれたのです 事前に会場でマイクチェックを行い大体の感じは掴めていました

懇親会が始まって30分程度 ほどよくアルコールも回ったころ我々がステージ上に呼ばれました

まずハーモニカの独奏  普通にメロディーを吹くだけでなくハーモニカ1本でメロディーと伴奏を

吹き分けるのです 子供の頃吹いた吹き方と違うためか会場のあちこちで「ホー」とか「へー」とか

感嘆の声が上がっていました

a0189513_1072020.jpg


続いてハーモニカとギター1本の2重奏 それからギターが2本になり3重奏になる訳です

a0189513_1071343.jpg


今回は皆に歌ってもらえる曲を ということで

1. ハーモニカ独創    荒城の月

2. 2重奏          悲しい酒

3. 3重奏          与作
                 シューベルトのセレナーデ
                 涙そうそう
                 
   の予定でしたが 俺にも歌わせろ とリクエストがあり

                 上を向いて歩こう

a0189513_1081472.jpg


   そしてアンコールは  早春賦

と誰でもが知っている そして口ずさめる曲を選びました まぁ社交辞令もあるでしょうが

概ね好評だったように感じました

そんなこんなの約20分の予定が30分近くなった余興でした

こんなんで休日も結構忙しくしております それでも楽器を奏でるって楽しいですよ
by loghouse96 | 2013-05-19 10:14 | 音楽活動
昨年の6月2日 UPの演奏会が今年は5月12日 福富町の道の駅「湖畔の里 福富」内にある

多目的ホールでありました ことしも5グループが参加し 最後に参加者全員による合同演奏で

終了ですが全体では2時間近いステージになる訳です

私たちは最初のステージで  スポルティッシモ  ジュ・トゥ・ヴ  それに コンテネレッツァ

エ パッシオーネ  の3曲です

a0189513_22531540.jpg
 

今年は4月28日UPの記事の通り コンダクターを任され 何度か練習に通った成果で まずまず

の演奏であったように感じました 当日午前中のリハーサル後も 他のチームのリハーサルの

邪魔にならないよう屋外でギリギリまで練習を続けて 奏者と指揮者の意思疎通を図った結果です

a0189513_22581487.jpg
 

a0189513_14320100.jpg


なんといっても最初の曲は 一旦スピードを指示したら 曲の最後まで何もすることがないほど

で あとは強弱とそれぞれのパートの休み 音を出す頭を支持するだけです

しかし 最後の曲は数えてみるとフェルマータは9箇所 リタルダンドは7箇所

速さもアンダンティーノ アレグロ ビバーチェ アンダンテと様々

リズムも 4分の4 8分の6 4分の2 と様々 これらが ピユモッソ(それまでより早く) 

モルトアッチェ(極端にだんだん早く) ポコリタルダンド(僅かにだんだん遅く) モルトリタルダンド

(極端にだんだん遅く) などで猫の目のように早さが変わり それらの最後がフェルマータ(自由に

伸ばす) で繋がれて 曲の最後がアラルガンド(だんだん強くしながら次第に遅く)になっています

くどくなりましたが 更には曲の途中に当然フォルテ(強く)やピアノ(弱く)があるし 当然ドルチェ

エスプレッシーボ テヌート などの表情があり一瞬たりとも気が抜けない曲です  

a0189513_23264283.jpg


そんな曲をこのメンバーがよく支えてくれました すごく感謝です

a0189513_10554976.jpg


こうして我々14名による約15分の演奏はちいさなミスは有ったものの 全体としては良い出来だった

のではないかと思います 後で録音を聞いても今までの練習の中で最高の出来だったと自負します


我々のあとそれぞれのチームがそれぞれの演奏を披露し 最後は合同演奏です

参加5クラブチームのほぼ全員による合奏で100人以上の大迫力でステージにも上がりきらない

のでこんな具合です 

a0189513_23322100.jpg


会場である 「湖畔の里 福富」の名のとおり ダム湖のほとりで時あたかも若葉香る季節の中

しかも天気も上々でドライブ途中に道の駅にちょっと寄り道 あるいはちょっと休憩のたくさんの

お客様に聴いて頂いたのが嬉しいことです メンバーの皆様 準備いただいた関係者の皆様

お疲れ様でした お世話になりました
by loghouse96 | 2013-05-15 23:49 | 音楽活動
ゴールデンウィークも終わり 生活も落ち着きを取り戻しつつありますが 今年のGWは宮司さんに

無理を言って式年祭(仏教で言う法事)を行いました 我々と私の兄弟 それに子供たちと孫たち

で総勢19名 小ぢんまりとやるつもりがそこそこの人数になりました 

そうした中 私の弟がどうしても抜けられない仕事があり 姪が一人で参列してくれました

お礼に翌日「しまなみ海道」を通って島と海を案内し 初夏を感じてもらいました

a0189513_21583571.jpg


しかし 今回改めて感じたんですが 因島ってあまり名所がないんですね それでも因島大橋を

渡って北インターでしまなみ海道を降りて目の前の山 白滝山に登って見ました

a0189513_2135225.jpg


因島を代表するビュースポット 頂上の五百羅漢を見ながら展望台に上がると360度の展望が

開けます 瀬戸内の多島美や白く美しい姿の因島大橋やしまなみ海道の曲線が目の前です

a0189513_214386.jpg


白滝山を後にして島をぐるりと巡って見てもこれという名所がありません そこで混んでいるのは

覚悟でお隣の島 生口島にわたってみました すると因島より生口島の方がより観光化されて

道路も走りやすく 土産物や食べ物のお店が頑張っているようです 早速耕三寺近くのジェラート

屋さんで伯方の塩アイスとデコポンのデコみかんのダブル 私は瀬戸田レモンと伯方の塩のダブル

で暑気払い というのもこどもの日の当日は絶好の行楽日和で 半袖でも暑いくらいでした

a0189513_2243563.jpg


耕三寺や平山郁夫美術館を通り過ぎ 島の西側の夕日が美しいだろう海岸のベンチで 愛は語り

ませんでしたが美しい海を眺めていたら あ!あれってひょっこりひょうたん島のモデルになった島

じゃない そういえば確かこのあたりにあるって聞いたことが有る

a0189513_22141099.jpg


と 島を眺め本当にひょうたん島の形だよね とか するとこのあたりがサンセットビーチだよね

それでは多々羅大橋を見て帰ろうか と話しながら車を走らせているとシトラスパークがありました

その名のとおり柑橘類をいろいろな角度から展示している公園で以前は結構高い入場料が必要

だったと記憶しておりますが昨今は無料になっており 行ってみることに みかんの花が香る中

ツツジも満開です そしてレモンの木って葉っぱもレモンの匂いがするんですね 新発見です

a0189513_22334330.jpg


a0189513_22515538.jpg


そしてまるで地中海を眺めているような錯覚にとらわれる庭園をめぐり広い庭園内を歩きました

a0189513_22423012.jpg


本来なら同行したペットは入場禁止なのだそうですが 抱いてもらえばOKとのことで お言葉に

甘えて抱いて入場 人の少ない箇所では歩いてもらって共に散策しました

こんな日差しの中のデートでしたが まあ人から見ると親子に見えたのでしょうね

帰りの大浜パーキングで目的の一つである「はっさく大福」をゲットし 目的完遂!

彼女は楽しんでくれたでしょうか
by loghouse96 | 2013-05-08 22:44 | 休日