人気ブログランキング |

<   2013年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大体5年ごとに同級生に会えるよう 幹事の努力で開催されております

今年はその年に当たっており お盆期間中のある日 某ホテルで開催されました

そうなんです 広島県立尾道◎高等学校の同窓会です もう卒業して40数年というより

50年弱が経過しております 過去の同窓会で何度か顔を合わした同級生もいます

また日常生活の中で顔を合わす友達もいます かと思えば40数年ぶりに顔を合わした

友もいますそうした人は全くわかりませんが 席についてすぐわかった人がいます 

あの人は誰かいねと聞いて 話しているとだんだん面影が蘇って すぐさまお互いに高校生に

なってしまうのです

中には40数年年相応に年を重ねた人がいます 人によっては生活がにじみ出て60年近く経過

しているかと思える同級生もいます はたまた30数年ほどしか経っていないのではと思われる

人もいます かなり費用がかかっているのでしょうかね タブン

a0189513_142154.jpg


a0189513_1491415.jpg


定番の手をつないで輪になって校歌を歌って予定の3時間があっ!という間に終わり

 あらかじめ予定されていた 2次会に・・・

場所を変えて昔の話に花を咲かせ 近況を報告し合い 声が枯れるくらい歌い

そうした騒音の中で隣り合わせた人と話た内容は 

私「今度11月にしまなみで演奏会があるから聴きに来てね」

A「何の演奏会?」

私「市民音楽祭 私はギター二重奏なんだけど」

A「えー私もギターを弾いているのよ クラシックギター 6月に演奏会が済んだところよ」

私「その演奏会ってどこで?まさか三原じゃない」

A「そう 三原」

私「その演奏会って私聞きに行ったよ 出てたかなぁ 気がつかなかった 帰ってその時のプログラム

 見てみるよ」

A「毎週練習しているんだけど 来てみない? メンバーも少ないし来てくれると嬉しい」

っと こんな調子で 

A「でも高校時代は同じクラスになったことないよね」

私「ウン 覚えてはいるが同じクラスじゃなかったような気がする」

と思っていたのですが 帰って当時のアルバムをめくってみると さにあらず 1年生の時ですが

同じクラスだったのです

さらに3次会にまで繰り出し 当初の同窓会は約60人

2次会は40人 そして3次会は20人弱 ここで帰れば午前様にならずに済むので

私はこのへんでお開きです

あっという間の同窓会でしたが 懐かしさや 旧交を温めたつもりが今後の活動範囲を広げたり

郷愁に浸った一日でした

明日から9月です 朝晩大分過ごしやすくなってきましたが 日中はまだまだ暑い 台風の

影響で日中はほとんど水の中と同様のジメジメです

台風一過で気候も変わって欲しいものです
by loghouse96 | 2013-08-31 14:36 | 日常生活
犬走りは最近の家は付けない家が多くなっているよう思いますが みなさんの家ではいかがですか

利用価値としては 雨の跳ね返りによる壁の汚れ防止 雨の日の通路 チョッとした園芸作業場所

として等々色々ありますが 通常はコンクリートで舗装することが多いようですが 土に石灰などを

混ぜて固めた三和土(たたき)の場合も有ります いずれの場合も施工後長期を経ると 土やごみが

たまり草が生えやすく コンクリートの場合は割れて見苦しくなってきます

 わが家の母屋裏側の犬走りもその例にたがわず 見苦しくなっております そこで一念発起

近所の力持ちの協力を得てみずから犬走りを修繕することにしました

まずバラスより小さな割り石(ジャミ)と砂を購入 現在の塗装を割る為のHILTI(ハツリ機)と

コンクリート切断のためのダイヤモンドカッター コンクリートミキサーやコンクリートやモルタルを

入れる舟 型枠の為のコンクリートパネル等必要な物をご近所さんから借りたり 自前のものを

用意したり セメントを購入したりでいよいよ作業開始です

まずはコンクリートの切断とハツリ

a0189513_2334855.jpg
 

始めてみるとコンクリートの下に 植え木の根が入り込んで コンクリートを割るのに一役買っています

余分なコンクリート片や土を撤去し 軽くたたいて土を締めます 型枠をしたらコンクリートを練って

打敷します 乾き切らないうちに箒を使って細かい筋目をいれます

型枠を外して犬走りの外側の排水溝を仕上げるのですが これは後日になります

a0189513_2384428.jpg


雨によって土が流れるヵ所も土を掘り上げて コンクリートブロックを並べて土止めとします

これも水準器を使って水平をだし水糸を張ってそれにならってブロックを並べていきます

a0189513_2310193.jpg


a0189513_23112597.jpg


こうしてきれいになると 以前は気にならなかった石のデコボコや不整列が気になり始めます

そこで改めて一部のコンクリートをはがし 型枠をして と言うところで日没 サスペンディッド

a0189513_231682.jpg


どうも台風の影響もあってこのあたりもまとまった雨が有りそうだし 無理なコンクリート打敷は

止めにして週明けにでもコンクリートが完全に固まってから再開の予定です

それにしてもこの段階でも見違えるようになりました

a0189513_23205588.jpg


今後もう少し手を入れて排水路やコンクリート片の片づけをするともっときれいに見えるように

なるでしょう それにしても練ったコンクリートも モルタルも重い なんだか腰が・・・と


話は変わりますが火曜日のイプシロンはなんでも発射19秒前で秒読みが停止したとか

姿勢に不具合と言うか なんだか訳のわからない理由で停止したので検証中だとか

まあ失敗ではないけど期待を裏切ったのは確かです 開発済みのパーツを使ってコスト削減

型のロケットだと唄っていますが 上がらないと かの国のロケット いやミサイルより

見劣りすることになってしまいかねないと考えるのは私だけでしょうか

JAXAには頑張ってほしいものです かの国の太ったクマに足元を見させないためにも・・・
by loghouse96 | 2013-08-29 23:37 | 環境報告
もう何日雨らしい雨が降っていないのでしょうか かれこれ20日は経つのではないでしょうかね

もう何もかもがカラカラで気が滅入ります 加えて20日ごろから一週間は更に高温傾向なんだ

とか 気持ちも体も暑さに対抗できなくなってしまいそうです

と弱気を吹き飛ばす様な「鉦・太鼓踊り」の奉納が有りました とは言っても踊る訳ではありません

決まったリズムで鉦や太鼓を打ち鳴らし神社に参拝して お祓いを受け 祝詞を奏上し 玉串を

奉納して また打ち鳴らしながらっ公民館まで帰るのですが この間2時間ちょっと 暑い中

法被 鉢巻きで帽子なしです そこで今年はガチガチに凍ったペットボトルを一本づつ持って

少しでも身体を冷やしながら 水分を補給しながらの行列です

a0189513_453232.jpg


神社までの道中は4分の4のリズムで 打ち鳴らすのです(道行き打ち)が 神社の鳥居まで

到着したらリズムが変わります(入鼓打ち) 境内が近づくにつれてだんだん早くなって 最高潮に

達した時またもリズムが変わって(仕上げ打ち)境内で打ち鳴らします さらに最初の道行き打ち

に戻って拝殿の周りをまわってやっと休憩です

a0189513_517551.jpg


打ち鳴らすのはチョッと休むのですが 全員拝殿前に整列してお祓いを受け 祝詞奏上 玉串奉奠

a0189513_5284883.jpg


が済んでやっと本当の休憩です 

20分ほど日陰で休んで 子供たちだけの「庭打ち」奉納 続いて大人の「庭打ち」奉納の後すぐさま

道行き打ちに変わって境内を後にし 公民館まで帰ります 

その後は片づけもするのですが お決まりの反省会 とは言っても何を反省する訳でもなく

飲んで食ってのお決まりコースです 本当の意味でこうすれば…という反省会は後日!と言うことに

a0189513_542205.jpg


帰宅後もお盆で帰省中の子供たちと孫たちのお守りが待っております

昼間はみんなで近場の遊園地兼プールで遊んで クッタクタになって帰って来るだろうと

時間を見越して炭を起こして 食材を切って 先に焼きおにぎりを焼きながら待っていると帰って

きました 早速私にとって2次会です

a0189513_5544918.jpg


何はともあれお盆行事も 孫たちも 救急車のお世話になることなく一日が終わり ほっとした

夜でした
by loghouse96 | 2013-08-19 05:56 | 地域活動
すごく暑い中ホームコンサートが有りました ホンの2ヶ月間ほどの準備で 我々のギター

オカリナ合奏 琴・三味線と尺八の邦楽 それから二胡など盛りだくさんです

a0189513_12572283.jpg


ギターの相棒のお宅をお借りし 3人によるオカリナ合奏 続いてギター3重奏

a0189513_12594621.jpg


a0189513_1302496.jpg


そうです 3重奏なんですけど一人は見えません 譜面台だけ見えてますけど・・・

続いて二胡 2本で数曲を さらにギター1本で伴奏し「この胸のときめきを」という
a0189513_136811.jpg

a0189513_1364255.jpg

シャンソンですね

みなさん知ってました? 一個でも二胡の弓ってゆるゆるなのですよ ナンですか

上手い人ほどゆるいんだそうです それに弓のツルは2本の弦の間を通してあるんです

従って収納する時も本体と弓は離れません

 ここまでで一時間弱 チョッと休憩 お茶を飲んでお菓子を食べてから第二部です

琴2本と三線 それに尺八と琴の先生による歌が入った邦楽  宮城道夫の曲などがあり

a0189513_15212012.jpg


ハーモニカ独奏 今日は「マラゲーニャ」と ハーモニカとギター2本の伴奏による「ラヴィン

ユー」は小柳ユキの歌で御存じかも知れませんが 私は古い人間ですから ザ・ピーナッツの

「レモンのキッス」として知っている曲です 映像は独奏の絵ですがハーモニカ二本を持って

いるのが分りますか 二本を巧みに変えながら 更に舌で伴奏部をブッ ブッ と吹きながら

メロディーを奏でるのです 見応えも聞き応えも充分です

a0189513_15191678.jpg


続くギター2重奏は 先にある人からもらったグラナドスのスペイン舞曲 第2番「オリエンタル」

のギター2重奏版 とカルリの 対話風2重奏曲 作品34-2 です

これはもっと練習して11月の市民音楽祭でも予定している曲です

そして最後にギターによる伴奏などで「夏の思い出」「里の秋・小さい秋見つけたのメドレー」

a0189513_1524136.jpg


それにこれは知らない曲でしたが倉品正二氏の作曲で「さようなら」をみんなで歌って終わりに

しました二時間超のコンサートでしたが あっという間のコンサートでもありました

エアコンの効いた中でしたが 終わって一歩家を出ると夏の熱気が襲ってきます

くれぐれもご自愛ください
by loghouse96 | 2013-08-15 15:39 | 音楽活動
尾道市立大学 地域総合センター主催の 出張講座 

「因島のカラス神事 -宮島と熊野を結ぶ祭祀-」と題して 因島市民会館でありました

講座は 尾道市立大学 芸術文化学部日本文学科准教授 藤井先生の司会・解説で 

同大学大学院日本文学研究科修士課程の栢木(かやき)さんの研究報告です


a0189513_21242463.jpg
a0189513_2125933.jpg


内容を簡単に説明すると

現在 カラスは不吉な鳥と見られがちですが 祭祀においては神を先導する役割を果たして

おり 各地の神事を通してその伝承文化を考えるものです

神事というのが御鳥喰神事(おとぐいしんじ)と呼ばれるもので因島の熊箇原八幡神社の

秋の太祭の前に行われる神事でカラスに御神饌を食べさせてその役割を演じてもらうお祭りです

日本であちこちに同様の神事があるそうですが 特に近江の多賀大社 尾張の熱田神宮

そして安芸の厳島神社で行われており その名も鳥喰神事(とりばみしんじ) 先食(せんじき)

烏勧請(からすかんじょう) 鳥呼び 鳥よばり 鳥の口などと呼ばれているそうです

そしてこの御鳥喰神事は広島県安芸地方と 備後地方に多く ここ因島では3つの神社で

その形は少しづつ違っているが現在伝承されているとのことです

 こうした説明をスライドを使って説明してもらいました
a0189513_21505456.jpg


さらに因島 中庄の熊箇原八幡神社の御鳥喰神事は大浜地区の沖にある二つの小島に

降り立った熊野12神を神社に招いたと言う神社の縁起に基づくもので秋の大祭に先立って

神様をお迎えする意味を持っているようです 

これらを実際に現地で取材した発表者の熱意が伝わってきました。

私も受講後 熊箇原八幡神社を訪ねてみましたが立派な神社でした

a0189513_2281424.jpg


一朝一夕では創り得ない佇まいが1100年の歴史を物語っているように感じます

さらに熊野12神が降臨したという八重子島にも行ってみました もちろん渡れませんが・・・

a0189513_22115877.jpg

残念 どうしても1画面に入りません
a0189513_22132942.jpg


なんとなく伊勢の夫婦岩を連想させるような そんな伝承が生まれるのも頷ける

雰囲気を持った島でした

最後に司会進行と研究発表のおふたりが この種の御鳥喰神事を行っている神社や

個人宅でもやっている あるいはやっていた という話があればぜひ教えて欲しいと

繰り返し繰り返し言っていました 本当に熱意を持って研究されています そんな話があれば

全国どこにでも飛んでいって話を聞き・・・ 近々高知県に調査に赴くとのことです

a0189513_2220484.jpg

万一そう言った例をご存知でしたら 書き込みください

私から藤井准教授や栢木研修生に伝えますので・・・・ 

まだまだ暑い日が続きそうです くれぐれもご自愛ください
by loghouse96 | 2013-08-03 22:27 | 休日
毎日暑いですね 暑さによる熱中症の心配と 豪雨の心配も同時にしなければなりません

とは言っても幸いなことに前線が停滞しているのは中国地方でも日本海側でこちら瀬戸内は

災害には至っておりません

と そんな8月の初日ですが 今日は「夏休み子供木工工作体験」がありました

福祉センターの職員の方から「子供の夏休み工作」のため木工教室を開催したいので

協力して欲しいと依頼を受けたのが2月でしたか 3月までにプランを練り 子供の夏休みに

合わせ8月に開催することになりました 内容は木に関する知識を教えつつ 木を使った

工作と言うか おもちゃを作るものです いろいろ検討の末 ゆらゆらモビールをつくることに

なりました。
a0189513_2149724.jpg


ゆらゆらモビールってなんだ? という疑問は当然です

これは本日の工作の見本ですが こんなものを作ろうと思っているわけです

応募は60名以上 この中から抽選で20名を当選にして 本日の出席は19名

後で残り1名が材料だけを取りに来て結局20名全員です そして内訳は小学1年生から

6年生でうち13名が女の子です
a0189513_21513993.jpg


しかし小学1年生にノコやドリルを持たせるのは危険すぎます 従ってあらかじめ必要な寸法に

切って 尚且つ目や鼻を付ける穴をあらかじめ開けた部品を用意します これをグルーガンの

接着剤でくっつけるだけにしました そしてヒモで結んでぶら下げます この際バランスよく場所を

見極めてヒモを結ぶ必要があります

a0189513_2215967.jpg
 

実際にやってみると男の子より女の子の方が器用に何でもこなすのですね

もう目の色を変えて集中モードです

集中すること1時間 そろそろ出来上がった子がいるようです
a0189513_2234670.jpg
 

後で今日の感じたことや思ったことを書いてもらいましたが「夏休みの思い出になった」

とか「親切に教えてくれてありがとう」とか「楽しかった」など嬉しい言葉がたくさん綴られて

いました。
a0189513_2281046.jpg


みんな嬉しそうに 大事に持って帰ってくれました アイデアを出し 試作品を作り

人数分プラスアルファの材料を下ごしらえし アシスタントをお願いして実施したかいが

ありました お手伝いいただいた皆様 この場を借りて御礼申し上げます ありがとうございました

そしてお疲れ様でした そして参加してくれた子供たち 一生懸命作ってくれてありがとう

誤解の無いように言っておきます この企画の主催はあくまで尾道市総合福祉センター内

児童センターです
a0189513_22165615.jpg


職員の皆様 お疲れ様でした 

予備で用意したパーツをお手伝いしてくれたみんなで分けて 持ち帰ったパーツを改めて

組み上げてみました
a0189513_87232.jpg


a0189513_885041.jpg


こんな人形がゆらゆらと空中を漂っているのです 風鈴替わりにも 扇風機替わりにも

ならないけれど 気持ちがゆったりし ゆとりを感じることができればいいと思います
by loghouse96 | 2013-08-01 22:20 | 地域活動