人気ブログランキング |

<   2014年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

前回の予告通り パワースポットです 今回は愛媛県今治市大三島町の大山祇神社です

この神社は 神社神門前の大楠の表示によると推定樹齢2600年 え~ いつの時代?

と思うでしょう そうなんです 神代の時代です それもその筈 天照大神(あまてらすおおみかみ)

の兄神である大山積大神を祀っているというのです

 まず真新しい総門をくぐり手水舎で左手・右手をすすぎ 続いて左手に受けた手水で口をすすぎ

さらに残りの水で柄杓を手前に傾け柄をすすぎ お清め終了

天然記念物の大楠に近づきます

a0189513_10241957.jpg


そして神門まえの説明を読んで 立地(瀬戸内の島)柄 海運安全祈願の神様であること

にうなづきつつ 伊予の国の一宮に定められ 当然ながら延喜式の内社であることも納得です

a0189513_10311287.jpg


こうして神門をくぐり(この場合も真ん中は神様がお通りになるので そこを避けて通るのですが)

拝殿の前に進みお賽銭を投げ入れて2礼 2拍手 1礼 横に回って本殿をみても 特に変わった

佇まいは見当たりません

a0189513_1049821.jpg


 しかし境内西側に紫陽殿 宝物殿があり 入場料と言うか拝観料

1000円 ちょっと高いかな と思いながら「JAFの会員証を持っているんですが・・・」と

声をかけてみると 「当神社では愛媛県の身障者証をお持ちの方のみ割引をさせて戴いて

おります」との返答 規定料金を支払って紫陽殿と中でつながった宝物殿にはいりました

a0189513_10481189.jpg


中は例によって薄暗く ほのかな照明の中 宝物の劣化防止のため 証明を落としてあります

とのこと 多数の薙刀や刀には 村上義弘(村上水軍の始祖)奉納 とか 護良親王奉納 の

刀が抜き身で展示してあります もちろんガラスの向こうですが・・・(汗)

護良(もりよし またはもりなが)親王といえば 後醍醐天皇の皇子で南北朝時代 足利尊氏と

戦い28歳の若さで処刑された悲運の皇子です

 そうして見進めるうち 源義経奉納の鎧 なんだか赤糸縅とか名前がついておりますが

よくわかりません そして源頼朝奉納の鎧も・・・  どこかの説明に 国宝の鎧の8割がここに

ある と書かれてあったと思います 

宝物殿では 斉明天皇奉納の鏡(もちろん銅鏡です) 斉明天皇といえばあの乙巳(いっし)の変

や大化の改新で有名な中大兄王子(のちの天智天皇)や大海人王子(のちの天武天皇)の

母ですから 飛鳥時代の天皇で 最初は京極天皇 後に斉明天皇として歴史上初めて重祚をした

女帝です  これらのほか 更には北条時宗奉納の刀だったかな(?)も有りました

これらはいずれも国宝や重要文化財です 変わったものでは現存する唯一の女性用鎧と

言うのも有りました 胸が大きく腰がくびれ一見してそれとわかる形をしています

これらはいずれも撮影禁止なので映像はありませんが 入場料は決して高くはないと

思えるのも不思議ではありません

そして海運安全祈願の神社では金比羅山にもありましたが大きなプロペラを据えた海事博物館

a0189513_1125141.jpg


ここには余り見るものはありませんでしたが 建物そのものが合掌の手を模した形をしているのが

見所でしょうか こうした宝物をみてなんとなく神社の格式の高さと古代から信仰を集めている

厳かさを感じたのです

これもパワースポットのご利益でしょうか
by loghouse96 | 2014-03-26 11:24 | 休日
友遠方より来たる・・・  論語の中の一節かと思います

文字通り 10年ほども会っていなかった友人が 名古屋から訪ねてくれました

昨日は広島で原爆ドームや厳島神社を見 人の多さに宮島の海上回廊は諦めたとのこと

尾道も 広島県も初めて!とのことだったので やはり海絡みでしまなみ海道を案内しました

まずしまなみ海道を走り 最初のサービスエリア 因島の大浜SEで瀬戸内の多島美

海に映える橋の美しさを見てもらい しばし瀬戸内自慢です

a0189513_21502441.jpg


大浜SEを出て一路大三島ICまで走り 大山祇神社につきました

風に少し冷たさが残る中 暖かな春の日差しを浴びて神社内を散策 

a0189513_22404687.jpg


手水で手と口をすすいで清め いよいよ樹齢2600年とも言われる天然記念物の

「楠の木」の横を通って総門をくぐり拝殿前に進み 2礼 2拍手 1礼 

このあたりは 次にUP予定のパワースポットに譲ることとして宝物館を経て再び車へ・・・

この間 神社や宝物はそっちのけで10年間 溜まりに溜まったその後の話に花が咲き

お互いの近況や かつて一緒に仕事をした人々のその後話に桜より先に満開です

a0189513_2241828.jpg


橋をひとつ戻って生口島に戻っても話は続きます 

原山美術館近くのレストランで穴子丼定食を食べ 平山画伯の絵に感嘆しながら旧交を

温め ついで一路尾道に戻ります

何はともあれ千光寺山 山頂の展望台から尾道水道や多島美を眺めましたが

折からの黄砂かはたまたpm2.5なのか それとも単純に春霞なのか遠くはぼんやり

霞んでいます

a0189513_22195243.jpg

 
美味しいコーヒーを味わったあたりで だんだん話も底をついて 駅まで送ることに・・・

春の日の「不亦楽乎」(また楽しからずや)な一日でした
by loghouse96 | 2014-03-23 22:22 | 休日
暖かくなりましたね 今日など何度あったのでしょうか 20度近かったかもしれません

しかしまだ朝晩は少々冷え込みますので チョット火の気が欲しい気がします

 梅が終わろうとし 桜にはまだ早い と こんな季節 縁あって母校の卒業式に

招かれ参列させていただきました

卒業式の立て看板や 正面玄関の教頭先生に迎えていただき

a0189513_20303218.jpg


a0189513_20305640.jpg


おこがましくも 胸に花飾りをつけていただいて式場に案内され 級友と別れる寂しさ

の中にも 新しい門出にどこか晴がましい期待に胸をふくらませた166名の卒業生の

入場を見守りました

a0189513_20422361.jpg


国家斉唱や校歌斉唱は 同校音楽部(?)の生演奏です

教育委員会告辞に続いて いよいよ卒業証書授与です

a0189513_20471216.jpg


校長の式辞 来賓祝辞に続いて 来賓紹介なのですが 一人ずつ紹介を受け

立ち上がって「本日は誠におめでとうございます」と 今日唯一のセリフです

卒業記念品贈呈に続いて 在校生からの送辞 卒業生の答辞は生徒会長を

努めた生徒だそうです

仰げば尊しの斉唱 では感極まって泣き出す卒業生も・・・

近年トミに涙腺がゆるくなった私なども もらってついウルウルッ と・・・

最後に「旅立ちの日に」を出席者全員で大合唱し 閉式ですが まずは

卒業生の退場です この時も誰からともなく始まった拍手の渦で送り出し 続いて来賓退場

   こうして2時間弱の卒業式を見届け 玄関で お茶菓子として供されておりましたが

誰も手を付けない紅白饅頭を戴いて母校を後にしたのです

 もっとも 校名は当然同じですが 移転したため場所が違うので 母校といっても最初は

なんとなく違和感を感じましたが 校歌を唄ううちに やっぱり母校という気になりました

この季節 言い古された言い方ですが 別れと出会いの日常です
by loghouse96 | 2014-03-16 21:08 | 地域活動
このところ 春の嵐が吹き荒れております 10日月曜日は雪が舞い 強い風が

吹き ほうれん草や小松菜のトンネルを吹き飛ばし やっと発芽したばかりの小松菜が

震え上がっております しかも一旦土をかけ直したポリフィルムを2度までも吹き飛ばし

猛威を振るいました 11日火曜日は風は収まり 前日とは打って変わった暖かい日差し

が降り注ぎ 水銀柱も10度を越したようです

 そんなことでホッとして 気になっていた確定申告に行ってきました

a0189513_22575947.jpg


直接税務署に出向いたところ 既に待合コーナーは満席でしたが待つこと30分ほど

番号を呼ばれ 申告書の書き方を教わるコーナーに案内され 各種源泉徴収票や

生保の納付証明書 地震保険の納付証明書等と 今年の確定申告のメインである

医療費の申告の範囲(入院中の食費と差額個室代など)を教えてもらい 

そうなんです 昨年10月「深部静脈血栓症」で入院したので 医療費が楽々10万円を

越えてしまったのです

領収証の添付方法など わかったところで 肝心の入院時の領収証を 別に保管して

おり持ってきていないことに気づき 出直すことに・・・

 領収証を持って再度出向き 今度は入力方法はわかっているので 待ち時間のない

E-TAXコーナーに案内され 四苦八苦しながら入力を終えて確認をお願いし 確定送信

の結果 わずかですが返金を受けることに・・・

「今年はセルフ入力されましたので 来年はご自宅のパソコンでE-TAXをやってみて

下さい」と 来年用の説明書や 源泉徴収票等添付用シート や領収書入れの袋などを

もらって税務署を後にしたのです

a0189513_2351446.jpg


いくら丁寧に教えてもらっても 一年も経てば完璧に忘れてしまうのですけどね(汗)
by loghouse96 | 2014-03-13 23:06 | 日常生活
地域の大学が一昨年から学舎1棟を新築しておりましたが このほど完成し竣工式が

おこなわれました

市立大学ですから 理事長はじめ市長や市議会議長 町内会長 それに大学後援会と

同窓会の各会長によるテープカットが終了したあとは

a0189513_694057.jpg


場所を屋内に移して落成式典が行われました

式典は理事長による式辞の中で 同大学の沿革 すなわち昭和21年 前身の

市立女子専門学校を 自前の校舎を持たずある小学校の教室を借りて開設されました

その後昭和37年 市立短期大学時代に当地に移転し 始めて自前の学舎をもった後

平成13年 四年制大学へと改組し 現在は大学院をも持つ公立大学法人となっています

 組織が充実する毎に学生数も増え 次々と校舎や附属設備を増やして来たわけですが 

今回約15億9000万円をかけてこのE棟が新築された訳です

 設備には教室や研究室の他 地域総合センターも設け地域貢献のための設備として

活用し 今まで以上に公開講座や発表会 講演会等を行いたい旨も述べておられおました

a0189513_6344128.jpg


市長の挨拶 市議会議長の祝辞と続き 設計 監修 建築関係者に大学から感謝状贈呈

受賞者から謝辞が述べられ式典は終了しましたが その後新築学舎内を自由に見学する

と言う粋な計らいがあり 大教室

a0189513_636755.jpg


そして4階に設置されている屋外テラスからは 今まだ見たことなないアングルから

町内が見渡せる そんな景色も見えます

a0189513_6374348.jpg


a0189513_640194.jpg


そして各階に設置されている団欒スペースは屋内ラウンジとして充実の学生生活を

約束しているかのようです

 学者見学時 同行いただいた市長から今後の町内行事はここを使わせてもらうと

いいですね とか 立派な学舎ができたのでますます地域貢献を推進しないといけない

と力強い 暖かいお言葉をいただき しばし歓談させていただきました


あっという間の1時間で 大学をあとにしましたが本当に立派な学舎ができました

「本日はおめでとうございます」 という言葉が よく似合います
by loghouse96 | 2014-03-09 06:54 | 地域活動
生暖かい日が続いていますが 来週は寒くなるようですね 関東甲信越地方では

再びの大雪が懸念されているようです

そんな中 某大手自動車メーカーが史上最多台数のリコールを発表しました

販売会社ごとにそのように分けているのか 我が家にはまだ一度も訪問したことの

ない販売会社からリコールの知らせが届きました

詳しくは こちら

新聞で見てから数日後に予約のために電話した結果 土日はもういっぱい

ウィークデーもここ1週間は空きがないとのこと を 馬鹿に丁寧な対応で知らせれました

その後1週間ほどおいて電話したところ 土日は相変わらずだが 3日後の金曜日は空きがある

とのこと その日に予約を入れて修理工場と言うか販売会社に持ち込みました

a0189513_19314411.jpg


今回のリコールは機械部分ではなく コンピュータのソフトを書き換えるだけ それでも

不具合が発生した場合はモジュール交換だそうです

 んで新聞では40分 修理工場が言うには作業自体は20~30分とのこと

しかし修理工場の駐車場は満車状態で しかもそのいずれもプリウスばっかり

しかも店内の展示車両までプリウス

a0189513_19352928.jpg


お店の中でコーヒーを頂きながら待つこと30分 終わりました と案内を受けて修理工場を

あとにしました

この間合計でも30~40分 購入ではないので下にも置かないような応対はないものの

まあこんなもの と言った応対でリコール対応を済ませました

まあ合計台数を見ると約98万台超の対象台数であり 今後のことを考えれば気が遠くなる

ような台数のため なんとなく気が滅入る対応ではあったように感じます

何はともあれ ご苦労様です
by loghouse96 | 2014-03-01 19:44 | 日常生活