人気ブログランキング |

<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

先の市民音楽祭に ホンの触りだけ聞かせてもらった尾道市民合唱団の

第35回 アニバーサリー定期演奏会が有りました 団員の一人から強く

誘われていたこともあって 聞きに行ってきました

a0189513_8162799.jpg


指揮者が前回も紹介した恩師 そしてバス担当の知り合いが歌っています


メインは W・A・モーツァルトのケッヘル317番 「戴冠ミサ」です

オーケストラはありませんので 伴奏はピアノ一台です 最初の楽章「キリエ」 冒頭の二つの

和音が響いた瞬間は 背筋がゾクとするような感動を覚えます そして「グローリア♪」

の歌詞で始まる「グローリア」 このへんまでは知っていますが 次の「クレド」「サンクトゥス」

そして「ベネディクトゥス」最終章の「アニュス・デイ」まで 約30分 ちょっと眠くもなりました

a0189513_9134834.jpg


この大曲をモーツァルト23歳の時に作曲したのだそうです やはり天才 と言うか

究極の発達障害だ考えてしまいます それにしても上には上があるもので

J・S・バッハのロ短調ミサ曲は 構成は同じく キリエ=グローリア=クレド=サンクストゥス

ボザンナ(ここが違います)=ベネディクトゥス=そしてアニュス・デイ ですで演奏時間は

なんと2時間弱です 最近は 「YOU TUBE」 で簡単に聞くことができますが それでも通して

聞いたことはありません

 話がそれてしまいました このステージは日田市民合唱団と公募による賛助出演者が参加

していますが ソプラノ・アルト・テノール・バスのソリストは団員だそうです

 第2部は尾道在住のハーピスト ダビデ・ロドリゲス氏と長谷川さんのハープとバイオリンの

DUO(二重奏)です 途中ハープの独奏も有りました

a0189513_9221590.jpg


そして第3部はディズニーのアニメ等でよく聞く曲をそれぞれ曲によって 団員の並びをかえて

a0189513_9271467.jpg


a0189513_928825.jpg


a0189513_9284414.jpg


白雪姫ではこびとが出てきたり 最後には子供たちのディズニーキャラクターが出てきたり

楽しいステージでした

 それにしても一番びっくりしたのは 会場であるテアトル・シェルネが三階席も含めて

満席だったことです 壮年というか高齢者の団員の集客力に驚いたのです

先生 団員の皆さん 荘厳に そして楽しく聞かせていただきました お疲れ様でした
by loghouse96 | 2014-11-25 09:40 | 音楽活動
福山市の「アランブラ ギター クラブ」(AGC)の皆さんと交換会を通して交流する機会が

有りました 我々のうちの一名が 過去同クラブに所属していた縁から今回のチャンスを

いただきました

 私たちは5名ですが AGCは13名 なかでもマネージャーは自らのブログで ギターよりも

バロックリュートというのかジャーマンテオルボと紹介されている楽器をを愛奏され J・S・バッハの

器楽曲を数多くアップされているようです こうして書いていますが楽器の違いなど 詳しいことは

全くわかっていません

詳しくはこちらを見ていただくとして

更に指揮者はギターの先生との事 従って多くの門下生が 集まって 精鋭とは言い難い

のではないかと思えるクラブであるように感じます

もちろん裾野を広げ 多くの愛好者を受け入れていることに敬意を評します

 演奏の曲は今回 ラテン有り タンゴ有り 民謡も歌謡曲なども含めて8曲

レパートリーの広さを聞かせていただきました

a0189513_6184998.jpg


やはり各パートが複数で しかも指揮者がいるということに 演奏に厚みが出るし

やはりテンポがはっきりする 羨ましさを感じます

 一方の我々は5人ですから 各パートは1人づつ 多くても二人で 指揮もいない

5人のアンサンブルで指揮がいるのも変ですが 各パートが一人づつの方が

演奏に透明感は出ると思っています しかしいざ演奏会となると プレッシャーも

半端ではなくかかります

a0189513_6241438.jpg


それぞれの自己紹介などを含めた懇談会も和気藹々のうちに約2時間

楽しくも有意義な交流会であったと思っています

 自らのアンサンブルのスタンスを再確認し 楽譜を交換してお互いのレパートりーを

増やしながら 最も大切なのは刺激し合って ともすれば緩みがちなモチベーションを

保つことが重要だと考えています また今回はその意味で成功であったと感じます

アランブラギタークラブの皆様 大変ありがとうございました
by loghouse96 | 2014-11-24 06:39 | 音楽活動
T字パズルをご存知ですか

T字パズルとは それぞれの形をした4つの木片を組み合わせて Tの字を始め色々な

形を作るパズルの事です

これを手作りしてみました

a0189513_9585525.jpg


これです 厚さ約30mmの広葉樹(たぶんサクラだと思います)の板を切って それぞれの

形を切り出すのですが これには「スライド丸のこ」が大活躍です と言うか これがなくては

正確な切断が出来ません

 必要なのは 直角 それに45° チョッと難しいのが90°のへこみ

たった4つのピースでこんなにも多彩な組み合わせができるのです

a0189513_21282669.jpg


 まずT字 と ロケット型

a0189513_1072825.jpg


続いて 家型 と 鼓型

a0189513_1082545.jpg


さらに 階段 と 相じゃくり型

a0189513_1093672.jpg


そして 矢印二種
a0189513_10113246.jpg


ひし形 と卜の字
a0189513_10133218.jpg


その他 名前の思いつかない こんな形
a0189513_10145654.jpg


a0189513_10152818.jpg


色々な形を作ってみました 市販品は木の材質はともかく 厚みが5mm程度の板を

切り抜いていますが これは暑さが違います 従って手にしたときの充実感が格段に違います

堅い板なので 鋸の進みが遅いと切断面に若干の焦げ目が出来ます これを根気よく

サンドペーパーで落とせは良いのですが 少し手抜きをしました

手作り感満点と 自分では思っているのですが・・・
by loghouse96 | 2014-11-16 10:23 | 木工教室
11月半ばと言うのに 12月上旬の寒さだそうです 広島県も山間部は初冠雪で

早くも雪のニュースが流れています

沿岸地方も強い風が吹き荒れ 特に被害はないものの庭のナンキンハゼも一気に

紅葉が進み 強い風で紅葉した葉が落ちた影響で 葉に隠れて実をついばんでいた

山鳩の姿が確認できるようになりました

a0189513_1818191.jpg


とは言っても 鳩はすぐに逃げてしまい 映像には収まりません


この寒波の中 届いた玉ねぎの苗を植え終えて ホッと一息

夕方になると寒さが身にしみて 今年初めてのストーブへの火入れを行ないました

a0189513_18205857.jpg


しばらくすると羽織っていた上着を一枚脱いで 乾燥から喉や気管を守るため ストーブに

鍋をかけて加湿をします

こうして 今年の冬と「ほっこりタイム」が始まったのです
by loghouse96 | 2014-11-13 18:22 | 日常生活
今年も市民音楽芸能祭が実施されました しかし今年は趣を異にして 音楽祭が2日

芸能祭が9日といずれも日曜日となるよう計画されました

そして演奏もコーラスもジャンルを問わず音楽は2日 フラダンスも日本舞踊もダンスも

録音の音楽を使って踊りを見てもらう芸能を9日としたのです

a0189513_20465835.jpg


 従って我々のクラシックギターは2日の音楽祭です

a0189513_20475688.jpg


今年はメンバーが増えて5名となり 5名で4重奏を1st 2nd 3rd各1台 4th 2台で

ヴィバルディの「調和の霊感 8番」を披露しました (私たちは早いプログラムなので

まだガラガラですけど(汗))

a0189513_20352390.jpg
 

しかし 今年はエントリーグループが多かったためか 各グループとも演奏時間10分

人数によって入れ替え時間2分から4分と厳しく制限されており 私たちもやむなく

第2楽章を除き 第一楽章 と第三楽章のみとしました

そんな訳で どうしても物足りなさが否めません

さらに今年は音楽祭の会場はノーマイクなのです 昨年も1昨年もマイクを前にして

演奏したので ノーマイクの場合もともと音の小さいクラシックギターでは フォルテ(強く)は

ともかくピアノ(弱く)が客席まで届くのか不安で演奏中も聞こえなかったら意味ないよね

とばかりにピアノのフレーズもついついメゾピアノからメゾフォルテになってしまうのです

後で聞いていただいたお客様から「よく聞こえましたよ」との言葉をいただき安心しました

a0189513_20395059.jpg


 それに ここ数年この音楽祭の楽屋やリハーサル室でお会いする恩師がいます

そうです 高校時代の音楽の先生なのです フルートアンサンブルと 尾道市民合唱団

それに尾道男性合唱団コールクレインの主宰者で指揮者がその人です

「先生!お久しぶりです ちょうど1年ぶりですね」と握手を交わし それぞれのステージを

客席から はたまた出番待ちのステージの裾から聞くわけです

昨年は「良かったよ」と批評を頂きましたが 今年はお互いのステージの後お会い出来な

かったので批評は聞いておりません

そして 今年の男性合唱団コールクレインはなかでも素晴らしい出来で 聞く人々を圧倒した

と思います

a0189513_2047097.jpg


この合唱団には指揮者の先生の他 二人の知り合いが歌っております

それだけに思い入れがあり余計感動的に聞くことができました

来年も会えるといいですね
by loghouse96 | 2014-11-06 20:48 | 音楽活動
ある団体旅行で山陰を訪れる機会がありました とは言っても最初の訪問地は

姫路で バリバリの山陽 そこで今が旬の黒田官兵衛の大河ドラマ館なる場所に

入場したものの いかにも急ごしらえで ちっとも見ごたえを感じない

 それより 新装なった姫路城天守閣の周りでも歩いた方が良かったかも?

それでも真っ白な世界遺産の白鷺城は遠目に見えておりましたが・・・

a0189513_6392774.jpg


 早々に姫路を後にし一路播但道を辿って山陰方面は・・・

途中車窓から かの有名な天空の城 竹田城址が見えたのですが 石垣がチラリと

本当は登って朝霧を望むのが最高なのでしょうが それば望むべくもない

ほかの人のページを見せてもらうとなんとなく山頂の石垣や遠景の雰囲気が

岐阜県中津川市にある 苗木城に似てますね

 車は何事もなかったように進んで 但馬の小京都「出石」へ ここは小さな皿に盛ったそば

が有名なんだとか たっぷりの「そばつゆ」や「蕎麦湯」がついて 皿を追加して8皿も

平らげました ちょっと小鉢をつついたあとですみません(汗)

a0189513_725962.jpg


 満腹になったところで 小京都なる町並みを散策 ここは古い町並みが飛騨高山や

我が広島県の竹原市 にも似た雰囲気の街並みです

a0189513_7154519.jpg
 

続いて訪れたのはコウノトリの郷公園 本当にコウノトリがいるんですよ しかも至近距離に

何でもこの地方の人が 絶滅仕掛けていたコウノトリを保護し 田んぼには農薬を使わず

巣作りを見守り 脅かさないようにして繁殖させたんだとか

実際に川原や田んぼに一羽 二羽と見かけました

a0189513_865499.jpg


a0189513_883718.jpg


そしてコウノトリの郷公園をあとにして円山応挙ゆかりの寺 大乗寺の襖絵を見学

たくさんの襖絵がある中 ごく一部本物があるそうです 不思議なトリックが仕掛けてある

絵がありましたが ほとんどはレプリカだそうです それにしても襖を開けても閉めても

隣の絵と繋がるように書かれたりしていて圧巻でしたね

a0189513_8121119.jpg


もちろん撮影禁止なので 出迎えてくれた応挙像で我慢していただきましょう

 ここから列車転落事故で有名になった余部鉄橋 今はコンクリート製の橋に架け替え

られた余部コンクリート橋をくぐって 今夜の宿である湯村温泉へ

 湯村温泉は原爆被災者である夢千代さんが暮らした温泉宿の街です

a0189513_8184951.jpg


翌朝訪れた夢千代さんの像は 吉永小百合さんの夢千代日記以後に建てられたものか

なんとなく吉永小百合さんに似ているように感じました でも吉永さんのほうがずっとずっと

綺麗ですけどね・・・

翌日は 雨が降り 風も強いため浦富(うらどめ)海岸遊覧船も中止 鳥取砂丘散策も

中止 室内で見学できる「砂の博物館」にはいりました

ここは特に期待していなかったのですが 期待を裏切ってとは言ってもいい意味で・・・

一見の価値ありです 砂と水だけでできており接着剤も像の内側の芯なども一切入っていない

そうで 今はRUSSIA がテーマでしたが1年ごとに変えるのだそうです

a0189513_8541769.jpg


a0189513_8412682.jpg


a0189513_8412920.jpg


こんな具合にロシアの今昔が作られております

圧巻でしたよ と ここまでの工程で今回の旅行は一路尾道を目指すだけです

年に一度の命の洗濯でした
by loghouse96 | 2014-11-03 08:54 | 脱日常