人気ブログランキング |

<   2015年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おいの結婚式がいつか知らない間にありました

もしかしたら改まった式は無かったのかもしれません

そして私たちと私の兄弟への紹介を兼ねた食事会が ありました

事前におしゃれなレストランを予約して・・・ とはいっても実はそこは美術館

ユトリロや藤田嗣治の絵の展示が有名です 他にもイタリアの街角と

尾道水道を描いた作品がたくさんありました

a0189513_8354986.jpg


a0189513_8362834.jpg


こんなたたずまいの美術館にレストランが併設されているのです

ここでフランス料理のランチをお願いし ワインを揺らしながら

a0189513_8534356.jpg


なれそめや 新居について 仕事の事や いろいろ聞きながら今後親族としての

我々の紹介をしながらあっという間の2時間です

a0189513_844555.jpg



最後には濃~いコーヒーと数ある中から3つ選べるデザートに舌鼓を打ちながら

それでもワインで少し酔っぱらって新聞に載らない世間の風を話したり

デザートの不満な点を小さな声で批評したり・・・

それぞれが選んだデザートです
a0189513_8431475.jpg


a0189513_8433077.jpg


帰宅後 昨日雨で収穫できなかった畑に出て 本日の収穫をしましたが

二人で食べきれません どうしましょう

a0189513_8563347.jpg


トマトはもうおしまいです それにしてもパプリカが見事です ピーマンと一緒に

植えて ピーマンは飽きるほど食べたのに パプリカは初めての収穫です

またご近所さんに食べていただきましょうか
by loghouse96 | 2015-08-31 09:00 | 日常生活
夏・いろんな楽器の演奏会と銘打って この暑い中演奏会を企画しました

a0189513_21402225.jpg


開場は例によって尾道市内のあるコミュニティセンター ここは駐車場はたっぷり

あるし部屋は広いし 教壇があり ギターのように座って演奏する楽器にはうってつけ

です 音響設備もあるし・・・

a0189513_21424418.jpg


a0189513_2143745.jpg


最初は50のいすを並べ 開演前に急きょ10脚くらい増やして 大盛況に

応えました 奏者が多いとそれぞれが一人づつ呼んでもかなりな人数になります

なんせ奏者がこんなにいるんですから・・・

a0189513_21462319.jpg


 我々ギター4重奏は3曲だけですが 最後のみんなで歌いましょうの伴奏を

4人で受け持ちました

a0189513_21473793.jpg


ところが3曲の中の「みじかくも美しく燃え」の曲紹介をしているとき

ちょっとしたハプニングが起こりました

と言うのは この映画の内容を簡単に説明し 「2発の銃声が二人の旅の終わりを

告げます」と言ったところで 会場全体が何か重苦しい雰囲気に・・・

 その時読んだ台本がこちらです

2曲目はモーツァルト作曲の「みじかくも美しく燃え」を演奏しますが、この曲は全部で27曲作曲されたピアノ協奏曲の中の21番目の曲の第二楽章で 1967年のスウェーデン映画「みじかくも美しく燃え」の中で流れた美しいメロディーを、ギター4重奏に編曲したものです。    
この映画は1889年スウェーデンで実際に起こった事件を映画化したもので、物語はデンマークの森の中に一組の男女が・・・。男は伯爵の爵号を持つ貴族で軍人、女はサーカスのしがない綱渡り芸人です。 二人は愛し合い、その愛を貫くため、男は家族も名誉も捨てて、女は家出をして逃避行に出ます。しばらくは幸せな日々が続くのですが、愛し合ってはいてもいつかお金も尽き、食べるものもないみじめなピクニックに出かけていきます。そして二人が入っていった森の中から響く二発の銃声が旅の終りを告げます。よく晴れた秋の日の事でした。 この場面で流れるのがこの曲なのです。
余談ですがこの曲は映画の悲劇のヒロインの名前「エルビラ・マディガン」という曲名でも呼ばれています。そしてこの題名「みじかくも美しく燃え」は岩谷時子さんの手によるものです
日本でも上映されており、青春の1ページを思い出していただければ、私たちの演奏は大成功です。

それではお聞きください。


それはさておき 二胡 ギター ハーモニカ オカリナ 三弦 琴 尺八 等

いろいろ混ぜて2時間半 途中15分ほどのティータイムを設けましたが

長かったですね

そんなこんなの演奏会でした
by loghouse96 | 2015-08-24 22:13 | 音楽活動
お盆と言えば 墓参りだったり帰省だったりするわけですが

私のお盆行事は地元の八幡神社への「鉦・太鼓踊り」の奉納です

7月末から練習をして準備して 8月14日に本番を迎えるのです

本来は8月15日がいいのでしょうが 宮司さん自身の神社への奉納が

15日のため 宮司さんに兼務いただいている当神社としては14日になった

ような事情です

 さて14日当日 参加者に法被を配り 豆絞りの鉢巻きを配って さらには

太鼓担当には朱のたすきで準備をします

a0189513_15474025.jpg


公民館から神社までずっと叩きっぱなしで約30分 ようやく神社に到着し

鳥居の前からそれまでの道程とリズムが変わります

a0189513_15514886.jpg


 鳥居をくぐって参道をのぼり境内に到着すると またもやリズムが変わります
 
a0189513_15524310.jpg


境内用のリズムで打ち上げて さらに拝殿周囲を回り ここまで一通りを奉納して

やっと休憩です 重い鐘を肩から降ろして ホット一息 汗を拭いて 拝殿前に

集合して宮司により 祝詞奏上 玉串法典 そして全員で

二礼 二拍手 一礼 で五穀豊穣 家内安全 商売繁盛をお祈りします

a0189513_1557384.jpg


一息ついたら 今来た道を公民館まで引き返してやっと終了

暑い中しきたりにより帽子なしで臨むのですが 熱中症等による体調不良も

なく無事奉納を終えました これもひとえに 八幡様のご加護と町民の

日頃の精進のおかげと 感謝したした次第です

余談ですがたくさんの 寸志 お祝い ご祝儀 初穂料をいただきました

こちらも重ねてお礼申し上げます
by loghouse96 | 2015-08-15 16:07 | 脱日常